社会の話題と反応を発信していくネットメディア

自公293議席、過半数大幅上回り勝利…選挙プランナーの総選挙予測/全委員会で過半数の委員を与党が確保できる状態を「絶対安定多数」確保。維新を加えると憲法改正の発議に必要な3分の2を上回る/ネット「朗報。共産主義を入れるわけにはいかない」「勝って憲法発議を」

政治
スポンサーリンク

自公293議席、過半数大幅上回り勝利…選挙プランナー三浦博史さんの総選挙予測

10/18(月)

第49回衆院選が19日、公示される。立候補者約1000人が小選挙区289、比例代表176、計465議席を争う。堅調な予測に定評のある選挙プランナーの三浦博史氏(70)は各党の情勢を徹底分析。政権与党の自公は305議席から293議席へと若干減らすとしたが、岸田文雄首相(64)が勝敗ラインと位置づけた過半数(233議席)を大幅に上回るとの見通しを示した。一方、来夏の参院選に向け弾みをつけたい立憲民主党、共産党などの野党は大きな上積みは難しい状況だ。

「令和」初の国政選挙は“超短期決戦”で決着する。岸田内閣の発足から解散までわずか10日。解散から投開票まで17日間しかない。いずれも戦後最短だ。

昨年から流行する新型コロナウイルス対策と経済対策が主な争点となる今回の衆院選。自公政権か、立民・共産政権か―。各選挙区の情勢を詳しく分析した三浦氏が指摘する。

スポンサーリンク

 「自民は18の小選挙区で落としますが、比例は69と若干上乗せします。

また、連立を組む公明も小選挙区で1議席増、比例では2議席増の計23議席、自公では293議席になります。では、自民が減った分はどこに行くか。“革新”には入れない、“棄権”したくない層の受け皿として日本維新の会が上積みして15議席を増やし、25議席になるでしょう。“保守勢力”という観点から見れば、負けない選挙です」

全ての衆院常任委員会で委員長ポストを独占し、全委員会で過半数の委員を与党が確保できる状態を「絶対安定多数」と呼ぶ。つまり、野党が反対しても法案の可決ができる。その議席数は「261」で、自公が「293」なら上回ることになる。そこに維新の25議席を加えると「318」。憲法改正の発議に必要な3分の2(310)を8議席上回る。岸田首相は憲法改正で必要な“3分の2”の議席確保について「選挙だけでは無理がある」と述べているが、議席数をより上積みすることで、改正に向けた動きが加速する可能性もある。

「衆院選は政権選択選挙。『岸田文雄内閣』と『枝野幸男内閣』のどちらを選ぶのかということです。野党は今回も含めて戦い方を変えていかないと、来夏の参院選も厳しいでしょう」(報知新聞抜粋)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

ネットの声

意思表示をできるチャンスを無駄にしないように。自民にお灸を据えようと思うと共産主義が入ってくることになる。

これで選挙に行かなくなる保守層がいると困る。

予測は予測でしかないが、当たっている予感はする。

立憲や共産に今回は負けるわけにはいかない。

様々な人たちが選挙予想を立てているが、その内容はこの記事にある様な与党圧勝から、与野党逆転まで様々だ。蓋を開けてみないとわからない。

今回の選挙はあまり読めないと思う。話し半分に聞いておこう。でも朗報ではある。

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】麻生氏節炸裂:「気をつけよう暗い夜道と3回生。あぶねーやついる」「これまでの3回はいずれも追い風の順風の選挙だった。今回は初めて順風ではない選挙だ」/ネット「まさに。党風一新とか言ってたね」「今回の選挙でかなりの3回生が落ちるのでは」
麻生氏が強調「気をつけよう暗い夜道と3回生。あぶねーやついる」 10/15(金) 自民党の麻生太郎副総裁は14日、解散について麻生派の会合で「これまでの3回(の衆院選)はいずれも追い風の順風の選挙だった。今回は初めて順風ではない選挙...続きを読む
立花孝志氏、NHKの日曜討論でド世論:「コロナは欧米諸国と比べたら非常に死者が少ない」「国内でしっかりとエネルギーを生産できるように。国民の命と財産を守り、(資源争いで)戦争をしない為にも、原発はしっかりと利用していかなければならない」/ネットは賛辞の声
立花孝志「コロナの感染者数が大幅に減っている」 ピーチ太郎2ndさんのツイートより 欧米諸国と比べたら非常に死者が少ないという事もある。各政党はコロナでぶつかるのではなく、一致団結してやって欲しい」 立花孝志「国内でしっか...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました