社会の話題と反応を発信していくネットメディア

F ジョー・バイデン、鳴り止まず。全米を席巻/フットボール会場、空港、大学のキャンパスで唱和が起こる

事件
スポンサーリンク

また別の日に、別のスタジアムで「F-ck Joe Biden」と唱えられた

スポンサーリンク

F*ck Joe Biden」がアメリカを席巻 大学のスタジアムで大合唱される

土曜日にミシシッピ州オックスフォードで行われたOle Miss RebelsとLSU Tigersの試合で、大勢のファンが「F*ck Joe Biden」と唱え、スポーツと政治のセンセーションが起こりました。

Another day, another "F-ck Joe Biden!" chant

2021年10月25日 午前4時49分

“F*ck Joe Biden “というトレンドがアメリカを席巻しています。全米の大学のキャンパスでは、”Let’s Go Brandon!”という穏やかな言葉とともに、反バイデンのチャントが続きます。

このスポーツと政治のセンセーションの最新の例としては、土曜日にミシシッピ州オックスフォードで行われたOle Miss RebelsとLSU Tigersの対戦で、何人ものファンが「F*ck Joe Biden」と唱えました。

大学が人種差別の教育機関と化しているにもかかわらず、カレッジフットボールの観客は、反バイデンのチャントを何度も繰り返し唱えています。

スポンサーリンク


テキサスA&Mの満員のスタジアムでは、FJBのマントラが鳴り響いた。

また、アラバマ州のオーバーン大学でも同じようなことが起こった。

アラバマ州のオーバーン大学でも、学生や地域住民が参加していた。

10月中旬に行われたオール・ミス・レベルズとアーカンソー・レイザーバックスの攻防戦でも、この雷鳴のようなチャントは続いた。

先週の土曜日に行われたリバティ大学のフットボール試合、ミドルテネシーとの試合では、観客がまたしても即興で「Let’s Go Brandon」のチャントを叫んでいた。

オヘア国際空港では「Let’s Go Brandon」のページが作られた。

このテーマでリリースされた曲は1曲だけではありません。「医療上の誤報」という理由でYouTubeで禁止されたラップや、iTunesのヒップホップチャートで1位を獲得した曲などがあります。

The 'F*ck Joe Biden' trend continues to sweep America as college stadiums erupt in chant
In the latest instance of the sports-political sensation, tons of fans chanted "F*ck Joe Biden" in Oxford, Mississippi, at Saturday's face-off between the Ole M...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】米下院議員でも、「レッツゴー・ブランドン(F ジョー・バイデン)」が響き渡る/共和党の議員が演説の最後に「レッツゴー・ブランドン」と叫ぶ。
「レッツゴー・ブランドン」の掛け声が米下院の議場に届いた 「レッツゴー・ブランドン」。インターネット上で大流行している新しい掛け声 2021年10月19日 ミスは私たちの生活の一部であり、家でも職場でも、い...続きを読む
【動画あり】カレッジフットボールでもファンが大規模な「レッツゴーブランドン(F ジョー・バイデン)」チャントを開始
カレッジフットボールのファンが大規模な「Let's Go Brandon」チャントを開始 フットボールでも「F ジョー・バイデン」 土曜日に行われたミドルテネシー戦では、リバティ・フットボール・ファンが大活躍し、41-13で勝利した...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました