社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】トランプ支持者のラッパー、ブライソン・グレイ歌う「レッツ・ゴー・ブランドン」のラップがサイトからバンされるも、ヒットチャート1位に躍り出る//歌詞は「F ジョー・バイデン、メディアは嘘つき、民主党がスチー◯し、国境を開放しすべての秩序を失う」

事件
スポンサーリンク

「レッツ・ゴー・ブランドン」ラッパーのブライソン・グレイが、禁止された反バイデンの歌で、人気歌手アデルを1位から追い落とした

スポンサーリンク

「レッツ・ゴー・ブランドン」のラッパー、ブライソン・グレイが反バイデンの禁止曲で人気歌手アデルを1位から追い出す

2021年10月27日

I*st*gr*mとY*u**b*で「有害な偽情報」を拡散したとして禁止されたにもかかわらず、自由世界のリーダーを嘲笑う物議を醸す新曲ラップがiTunesチャートのトップに躍り出て、Adeleを1位から追い落とした。

ドナルド・トランプ大統領の支持者であることを公言しているブライソン・グレイが先週リリースした “Let’s Go Brandon “は、アデルが大々的に発表したカムバック・シングル “Easy On Me “の歌詞のリクエストに応えることを拒否し、日曜日から1位に留まっている。

「30歳のラッパーは、自分のシングルが1位になったのはY*u**b*が禁止されたからだと考えています。文字通り、保守的な意見を持つことはできません」とグレイは水曜日にThe Post紙に語りました。

反抗的なグレイはこう続けました。「キャンセル文化はもう通用しない。怖がっている人にしか効かない……俺には助けにしかならないぜ」

スポンサーリンク

iTunesでは、「Lets Go Brandon」と題された2つの異なる曲がAdeleを上回っている

グレイ氏はThe Post紙に対し、「禁止するのであれば、一貫性を保たなければならない」と述べている。グレイ氏はThe Post紙に、「人を殺すことをテーマにしたラップソングが存在している。殺人について話してもいいし、セックスについて話してもいいし、何を話してもいいのだが、単純に物語に疑問を投げかけることはできない。そうしないと禁止されてしまう。いつから芸術を禁止するようになったんだ?」

グレイはすぐに、この歌詞を使ったラップの制作に取り掛かった。メディアは嘘をつき、すべての叫びを無視する/彼らはより良いものを作り上げるが、それはタリバンだけだ/パイロットはストライキをしているが、ジョーにとっては無関係だ/国境を開き、すべての秩序を失う」

他にもこんなセリフがあります。我々を分裂させれば、彼らは我々が決して勝てないことを知るだろう/しかし我々は団結した、ここスタジアムで/皆がそれを唱え、CNNがそれを中傷する/バイデンが崩壊し、民主党がそれをスチー◯する」

この曲はまた、歌詞で大統領の精神状態を問うている。「ジョーができる唯一のプレーはファンブルだ/彼がランチに出かけていることはみんな知っていると思う、あの男はキャンプに行ったんだ」

このラップには、ミュージシャンのTyson JamesとChandler Crumpがバックボーカルとして参加しています。

スポンサーリンク

グレイズの曲のミュージックビデオは、I*st*gr*mとY*u**b*で公開禁止になっています。

グレイのファンは、今週初め、I*st*gr*mとY*u**b*でこのクリップが禁止されたことに憤慨しました。

この曲はまだY*u**b* Musicで配信されていますが、ファンがiTunesに殺到して購入し、チャートのトップに躍り出ている。週末には、6年ぶりの新曲となったアデルの大ヒット曲を上回りました。

グレイは、注目を集めたメディアへの出演後、Twitterでこう書いた。「彼らは本当に極右のラップアーティストをグレン・ベックに出演させた。どうなっているんだ?どうなっているんだ?これはクレイジーだ。ありがとう共産主義のプラットフォームから俺のビデオを禁止してくれてありがとう!」と書いています。

動画:グレイの「Lets Go Brandon」👇

Let's Go Brandon - Bryson Gray LIVE Performance
Let's Go Brandon - Bryson Gray LIVE Performance
スポンサーリンク

グレイの曲の他に、チャートを撃ち抜いたもう一つの反バイデンの曲

同じく「Lets Go Brandon」というタイトルの曲が、iTunesで2位にランクインしています。この曲は、NBC-NASCARのスキャンダルの後、ラッパーのローザ アレキサンダーによって作曲されました。

Let’s go Brandon/ 君は、彼らが本当に言っていることを知っている “と、その曲のサビには書かれています。

グレイは、自分の曲がアレキサンダーの曲と並んでチャートを賑わせたのは、保守的な文化が台頭してきた証拠だと考えている。

『The Post』紙に語ったところによると、「これは来るべきもののような気がする」とのこと。「レコード会社が怖がってくれればいいんだけどね。俺にはレコード会社は必要ない。私たちが現れて、文化が変わるのだから、彼ら(左派)が怖がることを願っているよ」。

‘Let’s Go Brandon’ rapper Bryson Gray boots Adele out of No. 1 spot with banned anti-Biden song
The track, released last week by avowed Trump supporter Bryson Gray, has been sitting at No. 1 since Sunday, when it refused to fulfill the lyrical request of A...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】バイデンは「記者があらゆる種類の質問をしてくるので、どうやって答えないようにしようかと考えている」と子供たち相手に本音を語ってしまう
サキ氏によると、バイデン氏は ご存知の通り、「週に数回」質問に答えている。 リポーター:近々、大統領から直接話を聞くことができるのでしょうか? サキ: "ご存知のように、彼は週に数回、質問に答えています。 しかし、バイデンは昨...続きを読む
【動画あり】全米に広がる「F、ジョー・バイデン」/ミシガン州を訪問したバイデン、「F、ジョー・バイデン」の横断幕と大合唱で迎えられる/演説中にもブーイング
リズ・ハリントン氏のツイート こうやって、今日ミシガンにバイデンは迎えられた。「F・ジョー・バイデンの大合唱」 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsby...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました