社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【バイデン、天下の大愚策】支持率が底なし沼、民主党地盤で選挙連敗を続けるバイデン、来年1月から民間企業にワクチン義務化決定/「約1億人が対象。接種しなければ、従業員1人につき1万4千ドルの罰金。無期限の雇用禁止」に企業、労組から「強権発動だ」と大反発の声

コロナ
スポンサーリンク

ワクチン義務化に懸念の声

スポンサーリンク

ワクチン義務化に懸念の声 負担増や離職リスク―米産業界/民間企業にワクチン義務化 来年1月、罰則も コロナが分断助長か

2021年11月05日14時47分

【ニューヨーク時事】バイデン米政権が4日、一定規模以上の民間企業に対し、従業員の新型コロナウイルスワクチン接種などの義務化を正式表明した。コロナ禍で深刻な人手不足が広がる中、従業員の離職につながりかねない措置に、産業界から懸念の声が上がっている。米国に拠点を持つ日系企業も、対応を迫られる。
民間企業にワクチン義務化 来年1月、罰則も―コロナが分断助長か・米

100人以上を雇う企業は、従業員のワクチン接種か、週1回の感染検査を受けさせる必要がある。期限は来年1月4日で、従わない企業には罰則もある。

既にユナイテッド航空や娯楽大手ウォルト・ディズニー、IT大手グーグルなどが、全てまたは一部の従業員への接種義務化に動いている。ただ、人手不足や従業員からの反発などを考慮し、対応を保留する企業も多い。

米自動車大手の従業員らが加盟する全米自動車労組(UAW)は4日、健康・宗教上の理由で接種を控える組合員がいると指摘し、「義務化による影響を検討する」と述べるにとどめた。トヨタ自動車やホンダも、現時点で対応を検討中だ。(時事通信)

ワクチン義務化に懸念の声 負担増や離職リスク―米産業界:時事ドットコム
【ニューヨーク時事】バイデン米政権が4日、一定規模以上の民間企業に対し、従業員の新型コロナウイルスワクチン接種などの義務化を正式表明した。コロナ禍で深刻な人手不足が広がる中、従業員の離職につながりかねない措置に、産業界から懸念の声が上がっている。米国に拠点を持つ日系企業も、対応を迫られる。

ワクチン接種の義務付けには「強権発動だ」と反発する声が上がっており、新型コロナで米社会の分断が一段と深まる恐れもある。

正式発表では、連邦政府から資金援助を受けている医療機関などにも従業員への接種を義務付けた。この結果、米労働者の3分の2に当たる計1億人超が義務化の対象となる。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

速報:バイデン政権によるワクチン義務化が1月4日にスタート!労働者はワクチンを接種しなければ無期限に企業での雇用を禁止される

バイデン政権は、労働省の規制機関である労働安全衛生局(OSHA)を利用して、2022年1月4日から、従業員100人以上の企業に対して、議論の的になっているCOVID-19ワクチンのいずれかを従業員が完全に接種しているかどうかの検査を開始する。

バイデン政権のワクチン義務化に従わない企業には、多額の罰金が科せられる。

バージニア州や全米で民主党が受けた屈辱的な敗北にもめげず、バイデン政権はワクチン義務化を推進しているようだ。来年からは、従業員100人以上の企業で、従業員にワクチン接種を義務付けない、あるいはワクチン接種をしていない従業員を解雇しない企業には、遵守していない従業員1人につき1万4千ドルの罰金が科せられる。

スポンサーリンク

この罰金を回避する唯一の方法は、論争の的になっているワクチンに抵抗する従業員を毎週COVID-19テストすること

しかし、圧倒的多数の医療従事者に対しては、より厳しいルールが課せられています。連邦政府のメディケアやメディケイドから資金援助を受けている施設では、従業員はワクチンを接種しなければならず、その代わりに検査を受けることは許されません。

医師や看護師などの医療従事者が不足し、全国の病院で働く患者や労働者の生活の質が低下していると言われているこの時期に、バイデン氏は、影響を受ける米国の医療従事者1,700万人のうち、何パーセントかを解雇しようとしている。

さらに、フェイスマスクを使用してワクチンプログラムに参加する人の中から、ワクチンに抵抗する人が特別に選ばれる。バイデン政権下では、ワクチンを接種していない人だけが、来年から職場で顔面を覆うものを着用し続けなければならない。

さらに悪いことに、このワクチン義務化には終わりが見えない。OSHAが現在バイデン政権の義務の概要を示しているように、それは無期限に、あるいはバイデン政権が終了を望むまで続くのである。

スポンサーリンク


今週、全米の世論調査で民主党が壊滅的な敗北を喫し、特にワシントンD.C.に隣接するバージニア州では、上院共和党がワクチン義務化を阻止する計画を発表し、ロジャー・マーシャル上院議員(共和党)がこの計画を有権者に知らせるビデオを公開して話題になった。

医師であるマーシャル上院議員は、「昨日、バイデン大統領が二桁の差で勝利したバージニア州で、民主党の知事が敗れたことで、バイデン大統領がバージニア州の人々の声に耳を傾けてくれたことを願っています」と語りました。「バージニア州の人々は、私たちがまだ自由や個人の自由を大切にしていることを大統領に伝えていたと思います」。

カンザス州の人々、議会、大統領に知ってもらいたいのは、ジョー・バイデンの無法なワクチン義務化を阻止するために、私たちはあらゆる手段を使い、あらゆる矢を放つということです」とマーシャルは言う。

「必要であれば、勤勉なアメリカ人に害を与えるこの文言を削除しない限り、政府の資金調達のための法案の審議を中止することも含まれます」と述べています。

次期知事のグレン・ヤンキン氏をはじめとするバージニア州の共和党員は、選挙期間中、ワクチン強制接種に反対することを重要な政策課題としていた。何百万人ものアメリカ人がバイデン氏の義務化によって苦しむ一方で、民主党は2022年の中間選挙で政治的に苦しむことになりそうだ。

BREAKING: Biden Vaccine Mandate Starts Jan 4, Workers Must Get Vax Or Be Banned From Corporate Employment Indefinitely - National File
Biden regime vaccine inspectors are headed to businesses with more than 100 employees
スポンサーリンク

参考記事

ニュージャージー州知事選、共和党チャッタレリ陣営敗北を認めず。1%未満の僅差で選挙結果を判定したAP通信を批判。再集計や訴訟の可能性も示唆/「すべての合法的な票が数えられるのを待つが、すべての選択肢がテーブルの上にある」(dailymail、townhollcom)
ところで、チャッタレリi選手はまだ、敗北を認めていない ところで、チャッタレリはまだ、敗北を認めておらず、今後の展開についての最新情報を伝えた 2021年11月04日午後3時00分 チャッタレリは木曜日にビデオでアップデートを...続きを読む
【BIG!】民主党とヒラリー大打撃/ダーラム特別顧問、FBIが『クリントンが資金提供し、民主党から報酬を得ていたクリストファー・スティールが書いた文書(トランプ陣営がロシアと共謀したとデッチ上げた報告書)の情報源である「イゴール・ダンチェンコ」を逮捕したと発表
FBI、クリントンが資金提供したスティール文書の情報源イゴール・ダンチェンコを逮捕 トランプ・ロシア調査の資料に情報を提供したアナリストのイゴール・ダンチェンコ氏が、FBIに嘘をついた5つの罪で起訴されたことを、司法省が1日に発表...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました