社会の話題と反応を発信していくネットメディア

連邦控訴裁判所、バイデン政権を激しく批判、バイデンの民間企業へのワクチン義務化命令阻止の判決を下す /義務化の一時停止措置を肯定し「呆れるほど行き過ぎだ」「憲法違反の可能性がある」「連邦政府の権限を超えている」と批判

事件
スポンサーリンク

米連邦控訴裁判所、バイデン氏のワクチン義務化の保留を肯定、「呆れるほど行き過ぎ」との声も。

バイデン氏のワクチン義務化は「深刻な憲法上の懸念を引き起こし」、「連邦政府の権限を超えている可能性が高い」。

スポンサーリンク

速報:連邦控訴裁判所、バイデン氏の「驚異的に行き過ぎた」ワクチン義務化を阻止

2021年11月13日

第5巡回区控訴裁判所は、ジョー・バイデン民主党大統領によるコロナウイルスワクチンの義務化を、”驚異的な範囲超過 “とする判決を金曜日遅くに下し、阻止した。

ニューオーリンズの3人の裁判官は、バイデン大統領の義務化は「OSHA(労働安全衛生局)の法的権限を著しく超えている」とし、「この義務化は、繊細に扱われたメスというよりも、職場(と労働者)の違いをほとんど考慮していない、一回り大きなハンマーであり、義務化が対処しようとしているとされる「重大な危険」に対する労働者の感受性の度合いの違いに少なからず関係している」と書いた。

カート・D・エンゲルハート、エディス・H・ジョーンズ、スチュアート・カイル・ダンカンの各判事は、義務化は企業に経済的負担を強いるものであり、憲法に違反する可能性があるとし、次のように書いている。

「義務化は、OSHAの規制スキームへの参加を代行することで企業に経済的負担を強いるものであり、遵守を拒否したり怠ったりした場合には深刻な経済的リスクに晒され、不本意な従業員に注射やテストを受けさせたり、路頭に迷わせたりすることで、労働力(および事業の見通し)を衰退させる恐れがある。」

裁判所は先週土曜日の判決で、「義務化には法令上および憲法上の重大な問題がある 」可能性があると記し、マンデート(義務化)を一時停止した。

スポンサーリンク


先週、バイデンのワクチン義務化が発表された直後、The Daily Wire社は大手企業としては初めてバイデン政権を相手に訴訟を起こした。

この訴訟は、ある人がワクチンを受けるべきかどうかについての立場をとるものではなく、今年の初めに発表され、木曜日の朝に発表されたバイデン氏の義務化に対してのみ行われるもの。

この指令は、100人以上の従業員を抱えるすべての企業に適用され、これらの企業は従業員のワクチン接種状況を調べることを強制されます。100人以上の従業員を抱えるDaily Wire社もこの義務化に該当する。

デイリー・ワイヤー社の訴訟は、バイデン氏の大統領令を覆すことを目的としており、この命令は違憲であり、バイデン政権はこの命令を起草する際に連邦法に違反したと主張しています。(dailywire)

Federal Appeals Court Blocks Biden’s ‘Staggeringly Overbroad’ Vaccine Mandate
スポンサーリンク

参考記事

高市氏、10万円給付「非常に不公平が起きてしまう」/「共働き家庭でそれぞれが960万円ぐらい稼いでいたらすごい金額になる。個人の収入だと非常に不公平が起きる」/ネット「そりゃそうだわ」「子供のいない人だって大変な家庭は山ほどある」「まさか外国人は対象外だよね?」
高市氏、10万円給付「非常に不公平が起きてしまう」 11/13(土) 7:00配信 自民党と公明党が合意した18歳以下の子どもを対象にした10万円相当の給付について、自民党の高市早苗政調会長は12日のインターネット番組で、「共働き家...続きを読む
ケノーシャ事件:「バイデンは票のためにやったのです」カイル・リッテンハウス被告の母親は、バイデンが息子の名誉を傷つけたと訴えている/バイデンは当時リッテンハウスを白人至上主義と批判し、トランプは正当防衛だと擁護した
「彼は投票のためにやったのです」:カイル・リッテンハウスの母親は、バイデンが息子の名誉を毀損したと非難します 「彼は票のためにやったのです」 12 November 2021 カイル・リッテンハウスの母親は...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました