社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン氏は大統領在任中、これまでで最も低い評価を受けている中、またもホワイトハウスのスタッフが離脱/ホワイトハウスのコミュニケーション・チーフがWHを去り、労働省に入ることを発表

事件
スポンサーリンク

混乱が伝えられる中、またもやホワイトハウスのスタッフが離脱

コミュニケーション・チーフ・スタッフが、労働省に入るためにホワイトハウス西棟(大統領執務室や秘書室がある)を去ることを発表

バイデン大統領の支持率が急降下する中、また一人のスタッフが1年足らずでホワイトハウスを去ることになった。

ホワイトハウスのコミュニケーション・チーフであるエマ・ライリー氏は、金曜日のツイートで、西棟を去り、労働省に入ることを発表した

スポンサーリンク


ライリーは、「ホワイトハウスで大統領とアメリカ国民に奉仕できたことは名誉であり、特権でした……ペンシルバニア・アベニューを下り、米国労働長官と労働省と一緒に国中を旅することに興奮しています」と書いた。

ライリーのホワイトハウス退社に加えて、カマラ・ハリス副大統領のコミュニケーション・ディレクターも、東棟での混乱が伝えられる中、辞任した。

スポンサーリンク


アシュリー・エティエンヌは、長年にわたり下院議長ナンシー・ペロシ(民主党)のトップアドバイザーを務めており、ペロシのコミュニケーション・ディレクターを2度務めたほか、オバマ・ホワイトハウスでも活躍した。

今週、CNNが報じた記事によると、ハリスのオフィスには不満や機能不全があったようだ。ABCニュースのジョージ・ステファノプロスは、副大統領に、バイデン政権に「悪用された、あるいは過小評価された」と感じているかどうかを尋ねました。彼女はそれに答えて笑っていた。

フォックス・ニュースが金曜日に発表した調査によると、バイデン氏は大統領在任中、これまでで最も低い評価を受けている。支持率は44%、不支持率は54%となっている。先月は46-53%だった。6月には56-43%と最高の評価を得ていた。

半年前と比較すると、バイデン氏の支持率は、コロナウイルスへの対応で16ポイント、経済で15ポイント、移民問題で7ポイント下がっている。現在、経済では36%、移民では31%が彼の取り組みを支持しています。バイデン氏の最大の課題であるパンデミックについては、48%が支持している。(fox抜粋)

Another White House staffer departs amid reports of turmoil
Another staffer is departing the White House after less than a year at 1600 Pennsylvania Avenue, as approval ratings for President Biden continue to dive.
スポンサーリンク

参考記事

「45thトランプ大統領声明」なぜ彼らは歪んだヒラリーを調査しないのか?彼女と彼女のキャンペーンの嘘と、私を中傷し、私のキャンペーンをスパイしたロシアとの取引について、これほど多くのことが証明されているのにだ。
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領 – 2021年11月21日 「共産党の民主党は、...続きを読む
動画あり:【新型コロナ】ヨーロッパでは抗議活動が加熱/各地でロックダウン、ワクチン接種義務、ワクチンパスポートに反対する大規模デモが発生し、抗議行動は過激に
ロックダウンに対するヨーロッパでの抗議は熱くなっている ロンドンは今日、自由に対する世界的な抗議に加わっている。 オーストラリアのパースでのワクチン義務抗議 オーストリアの人々は、医療上の専制政治にノーと言って...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました