社会の話題と反応を発信していくネットメディア

WTAサイモンCEO、彭帥の身の安全確保と性的暴力への徹底究明を貫く/IOCバッハ会長のオンライン通話にも、「我々は、どんな方法を取っても彼女に連絡を取ることもできなかった。懸念は残り、彼女に対する性的暴力の調査を追及していく」

中国
スポンサーリンク

女子テニス協会、彭帥の身の安全確保と性的暴力への徹底究明を貫く

2021年11月23日

世界の女子テニスツアーを統括し、女子選手組合の意味合いも持つWTA(女子テニス協会)は、彭帥(35=中国)の身の安全確保と、彼女が主張した性的な暴力への徹底究明の姿勢を貫く。

彭帥は、同国の張高麗元副首相に性的関係を強要され、不倫関係であったことを2日に自身のSNSで公表。その後、WTAは、彭帥と連絡が取れなくなったとして、14日、サイモンWTA会長は「徹底的な公正で透明な調査を求める」と声明を出していた。

WTAが連絡が取れない中、静観していたIOC(国際オリンピック委員会)が、突然に動いた。22日、バッハ会長が彭帥とオンライン通話を行ったと明かし、当時の映像も公開した。彭帥は「安全を心配してくれたIOCに感謝したい」と述べたという。そして、「北京の自宅で過ごしており、今はプライベートを尊重してほしい。大好きなテニスは続けていく」と話したという。

スポンサーリンク


しかし、サイモン会長は、ロイター通信の取材に対し、「少し安心はしたが、我々は、どんな方法を取っても彼女に連絡を取ることもできなかった」。そして、「懸念は残り、彼女に対する性的暴力の調査を追及していくことに変わりはない」と、決して主張を曲げない覚悟を示した。

中国と対立することにより、WTAは多くの中国で開催されているツアー大会に、数億ドルとも言われる中国の巨大マーケットを失うかもしれない。しかし、サイモン会長は「これはお金などよりも大事な問題」として、徹底追及を求めている。(日刊スポーツ)

女子テニス協会、彭帥の身の安全確保と性的暴力への徹底究明を貫く - テニス : 日刊スポーツ
世界の女子テニスツアーを統括し、女子選手組合の意味合いも持つWTA(女子テニス協会)は、彭帥(35=中国)の身の安全確保と、彼女が主張した性的な暴力への徹底究… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

IOCはバッハ氏が彭帥さんとTV電話をしたと声明

スポンサーリンク

ネットの声

いきなりIOCのバッハが出てきたことに違和感。

IOCは毒饅頭を食わされたのではないか?

WTA会長には頑張ってほしい、IOCもMLBさえも中国べったり。

岸田政権に爪の垢を煎じて飲ませたい。

日本もみならうべき。世界が見ている。

女子テニス協会の姿勢に共感。中国が作り事をして切り抜けようとしても、バレバレ。

スポンサーリンク

参考記事

中国で彭帥さんめぐる放送、NHK、CNNが遮断/NHK海外ニュースが彭帥さんの動向を伝えた際放送が遮断。CNNの放送も中国国内で見られず/ネット「わかりやすい」「全く変わってない」「言論不自由な国を訪中しようとする外相と、五輪を外交ボイコットできない政権」
中国で彭さんめぐるNHK放送遮断 2021/11/21 中国で21日、NHK海外放送のニュース番組が中国の元副首相との関係を告白したテニス選手、彭帥さんをめぐる内外の動向を伝えた際、放送が遮断された。 中国当局は、ニュ...続きを読む
【動画あり】ダラスは現在11月22日。第35代大統領ジョン・F・ケネディは58年前の今日、テキサス州ダラスで暗殺された/最も愛された大統領JFK、最も嫌われている大統領FJB
JFK 今日、私たちは過去の業績を超えて、すべての国民がまともな生活を送る権利があるという原則を確立しようとしています。 これは最も厳しい目標です。私たちの旅は順調にスタートしましたが、まだまだ道のりは長いです。貧困を克服す...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:CNN)

 

タイトルとURLをコピーしました