社会の話題と反応を発信していくネットメディア

動画あり【不都合な真◯12】「マスクが感染症の予防につながるという証拠はない(2020.2.21)」/「マスクの着用という要素が感染数減少につながっている(11/30.日経)」/??それはそうと、マスク義務化したドイツの効果を見てみますか?

コロナ

忽那賢志医師(国立国際医療研究センター)

「マスクが感染症の予防につながるという証拠はない。ずっとつけっぱなしにしているだけでは効果はない。

マスクの効果は感染している人が、咳、くしゃみの飛沫を抑えるためにマスクの効果はあり、症状がある人については効果がある。症状がない人は、感染症の予防につながる効果はない。

イメージ的には鼻、口がしっかり覆われていて病原体が入りにくいイメージだが、つけてる人とつけてない人とを比べて感染症、インフルエンザ症状の発症率には差がない」

TBS NEWS 2020/02/21
(新型コロナウイルスの患者の治療にあたっている、国立国際感染症センターの忽那賢志医師に正しい感染予防法について聞きました)

”新型コロナ”正しい感染予防

(画像:TBS)

日経新聞 広告

「マスクの着用、高いワクチン接種率という要素が日本の感染数減少につながっています」(このコメントは忽那医師なのか、日経のコメントなのかは不明です)

ドイツのマスク義務化がついに機能する!

COVID-19の新規確定症例の7日間のローリングアベレージ。検査数が限られているため、確定症例数は真の感染者数よりも少なくなっています。

マスク義務化は効果があるんだ(You see, mask mandates work!)

マスク着用義務を守らない人がいるからだ(Because people don’t comply with mask mandates)

忽那 賢志氏(くつな さとし、1978年12月7日)wikipedia

日本の医師、医学者。学位は医学博士(山口大学・2010年)。大阪大学大学院医学系研究科 感染制御医学講座 教授、兼 大阪大学医学部附属病院 感染制御部 教授。専門は感染症学(新興感染症、再興感染症、輸入感染症)

参考記事

【動画あり】アウシュビッツの生存者は語る 「同じベンチに座るな、別の場所で座れ。プールへは入るな。そして行き先は強制収容所。そうやって、一歩一歩、ゆっくりと段階的に行われるのです」/最近、どこかで似たような話しを聞いたことはありませんか?
アウシュビッツの生存者マリアン・タースキーさん、94歳 「そして、それはゆっくりと段階的に行われるのです。」 その1930年代初頭のある日。ベンチに刻まれた文字が読める。ユダヤ人はこのベンチに...続きを読む
オミクロン・変異体は風邪のウイルスの一部を取得した可能性がある/ウイルスにより感染しやすくなる一方で、症状は軽症または無症状になることを意味する可能性
オミクロン・変異体は風邪のウイルスの一部を取得した可能性がある:アメリカ 12月3日 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、同じ細胞内に存在する別のウイルスの遺伝物質の一部を取得...続きを読む
COVI◯の茶◯劇は終わらない/茶◯劇とは、大多数の国民にとって健康上の脅威ではないにもかかわらず、政府やメディアがこのウイル◯の存在について恐怖を煽り続け、治験中の・・(zerohedge)
ギデオン・リッチフィールドは1年半前に予測していた BY TYLER DURDEN SUNDAY, DEC 05, 2021 私の論文「Waves Of Mutilation: 2020年4月...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました