社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【トランプは正しかった13】 麻薬(フェンタニル)の過剰摂取が18~45歳の死因第1位に(COVID、自動車事故、がん、自殺等他のどの死因よりも多い) /フェンタニルの流入は主に国境を越えたメキシコ。フェンタニル押収はバイデン政権で過去最高を記録

事件

トランプは正しかった フェンタニルの過剰摂取、米成人(18~45歳)の死因第1位に 「国家的緊急事態」

12月 17, 2021

フェンタニルの過剰摂取が、18歳から45歳の成人の死因の第1位に急浮上したことが、米国政府のデータの分析で明らかになった。

2020年から2021年にかけて、18歳から45歳の約7万9000人(2020年は3万7208人、2021年は4万1587人)がフェンタニルの過剰摂取で死亡したことが、オピオイド啓発団体「フェンタニルに反対する家族」のデータ分析で明らかになった。

フェンタニルはごく少量でも死に至る合成オピオイドで、ヘロイン、メス、マリファナなど他の薬物にもこの危険な薬物が混入することがある。麻薬取締局(DEA)によると、フェンタニルが米国に流入する主な供給源はメキシコと中国である。

比較的、2020年1月1日から2021年12月15日の間に、18歳から49歳までの人の間で53,000人以上のCOVID-19による死亡があったと、疾病管理予防センター(CDC)のデータで発表されています。

「これは国家的な緊急事態です。アメリカの若年層、つまり何千人もの無防備なアメリカ人が毒されているのです」と、「フェンタニルに対する家族」の創設者James Rauh氏は声明で述べています。「違法なフェンタニルが薬物関連死の急増を引き起こしていることは広く知られています。この大惨事に対する新しいアプローチが必要です」

テキサスは今年だけで2億人を殺すのに十分なフェンタニルを押収したと当局が発表した。

過剰摂取で息子を亡くしたラウ氏は、「不正フェンタニルを大量破壊兵器と宣言すれば、不正フェンタニルの国際的な製造者や密売人を根絶し、アメリカ人の命を救うために、追加的かつ必要な連邦政府の資源が必要だろう」とも述べている。”

ナルカンとは?オピッドを無効にできる命を救う治療法 2020年にフェンタニルの過剰摂取で死亡した18歳から45歳の成人は、COVID-19、自動車事故、がん、自殺など他のどの主要な死因よりも多い。

CDCの速報データによると、薬物過剰摂取による死亡者数は全体で2021年に10万人を突破すると予想されており、2020年4月から2021年4月の間に28%増加することになります。

バイデン政権が南部国境で続く危機に直面する中、税関国境警備局(CBP)のデータによると、国境でのフェンタニル薬物押収は2021年に過去最高を記録している。(gellerreport)

Please Wait... | Cloudflare

45thトランプ大統領は「バイデンは人○売買や麻薬密輸業者を意図的に誘発している」と批判していた(7/1)

壁は計画され、承認され、費用が支払われ、事実上完成していました。残っているのはいくつかの重要なエリアだけである。ジョー・バイデンがすべきことは、建設業者が仕事を終えるのを待つだけだった。国境警備隊はそれを望んでいたし、それによって国全体がより安全になるのだから。

しかし、バイデンは壁の完成を妨害し、就任初日に建設の即時中止を命じ、議会が計上した資金を没収し、壁建設を促進した国家非常事態宣言を解除する措置を取った

建設を中止することで、ジョー・バイデンは意図的に壁に隙間を作り、人○売買や麻薬密輸業者が利用できる封鎖されていない水路を国境の真ん中に作ったのだ。

私は壁を作ったが、バイデン氏は人道的大惨事を作ったのだ。

国境のない国は、国ではありません。私たちの国のために、ジョー・バイデンは直ちに国境の封鎖を終えなければならないし、アメリカ国民はそうする議会を選ばなければならない。(washingtontimes)

(*フェンタニルとは、主に麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイドである。1996年のWHO方式がん疼痛治療法の3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。麻薬及び向精神薬取締法における麻薬に指定されている。*オピオイドは、ケシから採取されるアルカロイドや、そこから合成された化合物、また体内に存在する内因性の化合物を指す。鎮痛、陶酔作用があり薬剤の高用量の摂取では昏睡、呼吸抑制を引き起こす)

参考記事

トランプ支持者、マージョリー・テイラー・グリーン議員が、債務上限に関する議決で民主党に加担したミッチ・マコーネルを「バイデンの犬」と呼ぶ
マージョリー・テイラー・グリーンが、債務上限に関する議決でミッチ・マコーネルを「バイデンの犬」と呼ぶ マージョリー・テイラー・グリーン、債務上限に関する議決でミッチ・マコーネ...続きを読む
【参院予算委】小野田紀美議員、「日本は世界的にみてあり得ないが、外国人への生活保護もしている。永住資格を取りさえすれば実態もないのに、資格が永遠に使われる。資格要件、居住実態をしっかりする仕組みが絶対に必要だ」/ネットは賛同の嵐
永住資格の継続的な確認制度導入の必要性について 小野田議員「永住資格を取得した後、居住実態がなければ、外国人は永住資格を剥奪される。日本では永住資格をを把握できているか? 法務省「永住資格者が...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました