社会の話題と反応を発信していくネットメディア

動画あり【将来のワクパス。。。】COVID-19の接種状況を確認するためのマイクロチップを埋め込む/スウェーデンの企業が発明したマイクロチップ技術。COVID-19ワクチンのパスポートを人の皮膚の下で持ち歩く方法を紹介

covid19(コロナ)

COVID-19の接種状況を確認するためのマイクロチップを埋め込むことができる。

2021年12月21日(火)

スウェーデン・ストックホルム(TND)-スウェーデンのスタートアップ企業「Epicenter」が発明したマイクロチップ技術が、COVID-19ワクチンのパスポートを人の皮膚の下に持ち歩く方法を、バイラルビデオで紹介されています。

“腕のフラッシュだけでCOVID-19パスポートを見せることを想像してみてください。”ビデオの冒頭には、人が腕を差し出し、携帯電話でスキャンしている様子が映し出されています。

ビデオでは、このマイクロチップは、スタートアップ企業がすでに開発していた技術を使い、「近距離無線通信」(NFC)を採用し、あらゆる対応機器にデータを送信すると説明されている。スマートフォンは、データ受信機の一例として挙げられている。

「インプラントは、さまざまなことに利用できる非常に汎用性の高い技術です」と、Epicenter社のChief Disruption OfficerであるHannes Sjöbladはビデオの中で語っています。”今は、インプラントでCOVIDパスポートに常にアクセスできることがとても便利です。”

スポンサーリンク


Tech2025のWebinarに出演したSjöblad氏によると、米粒ほどの大きさのマイクロチップは、人の皮膚の下、つまり腕の下か人差し指と親指の間に埋め込むことができるという。チップを埋め込んだ後、NFC対応デバイスを使って、ワクチンパスポートなどのデータを保存することができます。

Tech2025によれば、このようなチップのポイントは、キーフォブ、IDカード、名刺を持ち歩く必要性をなくすことだという。人々は、空港用のパスポートや医療記録などのデータをチップに保存することができるようになる。

この処置は100ドル程度で可能で、「完全に元に戻すことができる」と伝えられている。

現在身につけているウェアラブルは、5~10年後にはすべて体に埋め込むことができるようになるでしょう」とシェブラッドは語る(Tech2025より)。

スポンサーリンク


技術やビジネスのリーダーたちは、2025年までにアメリカ人の大多数が「チップ化」されると予測していますが、Tech2025は、議員や支援団体、一般市民からインプラントに対する反発があることを認めており、このような予測は現実よりも夢物語になる可能性が高いと述べています。

Epicenterのチップはまだ販売されていないと、South China Morning Postは動画で伝えている。

Implanted microchip could be used to verify COVID-19 vax status
STOCKHOLM, Sweden (TND) — Microchip technology invented by Swedish startup company

参考記事

【右顧左眄の岸田首相】またも北京五輪外交ボイコットを先送り。21日の会見でも「適切な時期に」を繰り返す/非難決議については、茂木氏「公明党含む他党も手続きが進んでいない」/ネットは非難の嵐「優柔不断の日和見政権」「またご公明党のご意見をご拝聴!?」
岸田首相、またも先送り 北京五輪外交的ボイコット「国益に照らして判断」 岸田文雄首相は21日の記者会見で、来年2月の北京冬季五輪・パラリンピックに政府使節団などを派遣しない「外交的ボイコットに...続きを読む
45thトランプ大統領「中国ウイルスとも呼ばれるCOVID-19を早く駆除するために「当選」したのに、その成果はどうだ?」/バイデンはパンデミックを終わらせるという公約を破り、ワク未接種者は「死の冬を迎えるぞ」と脅す(*動画あり)
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 ジョー・バイデンは、中国ウイルスとも呼ばれるCOVID-19を早く駆除するために「当選」したと思われる。その成果はどうだ?" 共和党全国委...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました