社会の話題と反応を発信していくネットメディア

古屋さん、こんな対中非難決議ならやめませんか/古屋氏、高市氏、下村氏の3議連が岸田氏に直談判するも、対中非難決議は見送りに/ネットは腰抜け政権に非難の声

政治
スポンサーリンク

古屋さん、こんな対中非難決議ならやめませんか

中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの人権侵害を非難する国会決議は今年の通常国会に続き、先の臨時国会でも採択が見送られた。

立憲民主党などは了承したが、公明党が手続きを進めず、自民党の茂木敏充幹事長も認めなかったためだ。自民は「親中派」とされる二階俊博元幹事長が通常国会後に退任したが、執行部の慎重姿勢は改まらず、2度の見送りという「失態」に至った。

「他党においても手続きが進んでいない。全体の状況をみて、こちらも最終的手続きまでいっていない」

茂木氏は21日の記者会見で、国会決議は全会一致が原則のため、対中人権非難決議を了承しなかった理由をこう説明した。「他党は公明を指すのか」と問われると、「それ以外の党もそうだ」と答えた。

【政界徒然草】古屋さん、こんな対中非難決議ならやめませんか
中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの人権侵害を非難する国会決議は今年の通常国会に続き、先の臨時国会でも採択が見送られた。立憲民主党などは了承…
スポンサーリンク

自民・高市氏ら3議連が首相に「外交的ボイコット」直談判 岸田首相は「適切な判断を考えたい」

2021.12/15 11:09

自民党の高市早苗政調会長らの3議連が立ち上がった。岸田文雄首相に対し、北京冬季五輪に政府代表を派遣しない「外交的ボイコット」の早期決断を直談判したのだ。中国当局による新疆ウイグル自治区などでの人権弾圧を受け、米国や英国などは外交的ボイコットを表明している。前駐日米国大使で米議会上院(共和党)のウィリアム・ハガティ議員は「北京冬季五輪の開催地変更」を主張し、「日本の連携」に期待を示した。

「中国政府は、北京冬季五輪が平和と人権尊重を掲げる五輪憲章にのっとって開催されることを明らかにし、人権侵害に対する懸念を払拭すべきだ」「招待の有無にかかわらず、外交・政府代表団の派遣をすべきではない」

高市氏が会長を務める自民党有志の「南モンゴルを支援する議員連盟」と、超党派の「日本ウイグル国会議員連盟」(古屋圭司会長)、同じく「日本チベット国会議員連盟」(下村博文会長)の3議連の幹部らは14日、官邸に岸田首相を訪ね、このような共同声明を手渡した

スポンサーリンク

ネットの声

主に誰が慎重姿勢を見せているのかをはっきりさせて欲しい。

結局2Fを排除しても決議はできなかった。公明党と自民党の媚中派は獅子身中の虫!

岸田政権は無理だろう。何も期待できないし、期待しない。

今の政権に中国を批判する勇気も能力もない。

キッシーが中谷氏を選んだ時点で詰みだった。

中途半端な非難決議はやめた方がいい。日本の腰抜けが世界にバレるだけ。

全く情けない。ジェノサイドと世界の趨勢を見比べようとする恥ずかしい政権

スポンサーリンク

参考記事

また出ました朝令暮改!【右往左往、二転三転、右顧左眄岸田政権にNOの声】岸田首相「オミクロン濃厚接触者の受験機会を確保指示」/日本到着便の「予約停止」撤回に続きまたも!/ネットは非難の嵐
濃厚接触者の受験機会確保 オミクロン株市中感染で指示―岸田首相 岸田政権は24日に、オミクロン株感染者の濃厚接触者は症状の有無にかかわらず受験を認めないことを決めていた オミクロン接触者の受験不可 文科省が大...続きを読む

http://totalnewsjp.com/2021/12/27/takaichi-125/
1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました