社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】西安は1300万人が外出禁止、ロックダウン10日目/SNSには「食べる物がない」などの投稿。パニックに陥った住民は食糧に殺到

コロナ
スポンサーリンク

「武漢以来」の試練 コロナ公表2年の中国、1300万人が外出禁止

2021年12月31日

中国湖北省武漢市で、後に新型コロナウイルスと確認される「原因不明の肺炎患者」の存在が公表されてから12月31日で2年を迎えた。中国本土の新規感染者数は、感染の連鎖を絶つ「ゼロコロナ」政策がとられている中では最多の水準が続いている。

国家衛生健康委員会によると、中国本土の市中感染者は25~30日に6日連続で150人を超えた。武漢で確認された世界最初の感染拡大が収まった2020年3月以降では、初めてとなる。新規感染者の大半は陝西省西安市で見つかっており、同市の感染者は10日間で1千人を超えた。1都市での感染者数も、20年3月以降で最多となっている。

スポンサーリンク


西安では12月27日以降、全市民約1300万人の外出が禁止され、防護服姿のボランティアが袋に詰めた当面の食料を戸別に配るなどしている。

ただ、物流に携わる人も一斉に外出禁止となったため、配達が遅れている地域があり、SNSには「食べる物がない」などの訴えも投稿されている。市商務局は「物流に関わる人に外出許可を出すなどして解決したい」とする。市街地全域で街頭や建物が全面消毒されているのも「武漢以来」。市民には窓を閉め、外壁にさわらないよう呼びかけられている。

「武漢以来」の試練 コロナ公表2年の中国、1300万人が外出禁止:朝日新聞デジタル
 中国湖北省武漢市で、後に新型コロナウイルスと確認される「原因不明の肺炎患者」の存在が公表されてから12月31日で2年を迎えた。中国本土の新規感染者数は、感染の連鎖を絶つ「ゼロコロナ」政策がとられてい…
スポンサーリンク

中国の西安は、COVID封鎖の10日目に入る

中国の西安市は1月1日、閉鎖状態が10日目に入った。COVID-19の流行が、最新の流行の震源地である同国ではまだ緩和の確かな兆しを見せていないためだ。

人口1300万人の同市では、12月31日までに新たに174人の臨床症状が確認されたと報告され、国家衛生委員会のデータでは前日の161人から増加した。

China's Xian enters 10th day of COVID lockdown as cases persist
The Chinese city of Xian entered its 10th day of lockdown on Saturday as the COVID-19 outbreak has yet to show any solid sign of easing in the country's epicent...続きを読む
スポンサーリンク

西安でパニックに陥った買い物客は食料品を急いぐ

西安市雁塔区南雁塔西区で、饅頭を買いに出た青年が防疫員に殴る蹴るの暴行を受けた!

スポンサーリンク

参考記事

【海兵隊がバイデンのワクチン義務化にNO!】200人以上の海兵隊員がコロナワクチン接種を拒否して除隊/海兵隊はワクチン接種の義務付けに厳しく「宗教上の免除」がゼロ
200人以上の海兵隊員がコビド19ワクチンを拒否して除隊 Covid-19ワクチン拒否で200人以上の海兵隊員を除隊に 2021年12月31日 午前5時45分 大多数の海兵隊員が少なくとも部分的にCOVID...続きを読む
エプスタインが刑務所で自殺した際、監視を怠った刑務所の警備員に対する起訴が取り下げられる/もしエプスタインが生きていて証言をすれば、著名人、政治家を巻き込む大スキャンダルになっていた/エプスタインの弟は他殺の疑いがあると述べていた
NY連邦検察官は、エプスタインが亡くなった夜に記録を改ざんしたことを認めた刑務所局の警備員2人に対する起訴を却下 ギスレーヌ・マックスウェルの裁判中にジェフリー・エプスタインの刑務所の看守に対する起訴が取り下げられ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました