社会の話題と反応を発信していくネットメディア

共和党下院議員、研究所の情報漏洩を隠していたことを示唆するファウチの電子メールを公開/ファウチが2つの事柄について警告を受けていたことを示唆 (1)COVID-19が武漢ウイルス研究所から流出した可能性(2)ウイルスが意図的に遺伝子操作された可能性

コロナ
スポンサーリンク

共和党下院議員、研究所の情報漏洩を隠していたことを示唆するファウチの電子メールを公開

1月11日、2022 – 11:20 午前
下院監視委員会の共和党は、アンソニー・ファウチ博士がコビッド19が研究所の流出に由来することを知り、”意図的に遺伝子操作された “可能性があることを示唆するいくつかの電子メールを公開した。

“我々は、米国国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長アンソニー・ファウチ博士のインタビューを書き起こしたものを要求するために書いています。私たちが今日公開する電子メールの抜粋(同封の付録Iを参照)は、ファウチ博士が2つの事柄について警告を受けていたことを明らかにするものである。

(1)COVID-19が武漢ウイルス研究所(WIV)から流出した可能性、(2)このウイルスが意図的に遺伝子操作された可能性、です。この情報が政府の他の部分に伝えられたかどうか、この情報があれば米国のパンデミックへの対応が変わったかどうかを調査することが急務だ」と、下院議員からの書簡には書かれている。ジェームズ・コマー議員とジム・ジョーダン議員からアメリカ合衆国保健福祉省(HHS)長官Xavier Becerra氏への書簡です。

書簡は、ファウチが-何度もそうではないと主張したにもかかわらず-2020年1月27日までに、NIAID、NIH、エコヘルスアライアンス、武漢研究所間の金銭的関係を実際に認識していたことを述べている。ファウチはまた、エコヘルスとNIAIDが協力して、「当時の機能獲得モラトリアムを横取りする」助成方針を作り上げたことも知っていた。

“これによって、エコヘルスは、さもなければモラトリアムによって阻止されたであろう、新規のコウモリコロナウイルスに関する危険な実験を-しかもほとんど監視されずに-完了することができました。”と、手紙は続き、2020年1月に、ファウチは、 エコヘルスがNIAIDへの年次進捗報告書の提出を延滞していることにも気づいており、 “おそらく感染性と致命的かもしれないコウモリコロナウイルスについて行われた機能獲得の実験が隠されていた “と、付け加えたのです。

スポンサーリンク

電話会議の様子

書簡では、2020年2月1日にファウチとNIHのコリンズ所長、そして「少なくとも他の11人の科学者」がCovid-19について話し合うために招集した電話会議について言及している。

ファウチ博士とコリンズ博士が、COVID-19が武漢ウイルス研究所(WIV)から流出し、さらに意図的に遺伝子操作された可能性があると最初に警告されたのは、この電話会議の席上であった」。繰り返すが、ファウチ博士とコリンズ博士のいずれかが、これらの警告を他の政府関係者に伝えたか、あるいは単に無視したかは不明である。”

2020年2月1日の電話会議からの注釈

電話の3日後、4人の参加者が「The Proximal Origin of SARS-CoV-2」と題する論文を執筆し、ファウチとコリンズはその草稿を送付された。それまで実験室からの流出や遺伝子操作に懸念を示していた著者たちは、突然その説を捨て、新型ウイルスが自然起源であることを主張したのである。

一方、2020年4月16日、コリンズはファウチにメールを送り、出版前に見た(編集する機会も与えられた)Nature Medicineの論文がラボリーク仮説を打ち消さなかったことに落胆を表明している。コリンズはファウチに、NIHはラボ・リーク仮説を「鎮圧」するためにもっと何かできないか、と尋ねた。翌日、ファウチはホワイトハウスの演壇でこの論文を引用した。”おそらくCOVID-19がWIVから漏れたという仮説をさらに押しとどめようとしたのだろう”。

スポンサーリンク

質問事項

下院共和党の書簡は、次に一連の質問を投げかけている。

HHSとNIHは、委員会に対して透明性を保つどころか、真実を隠し、難読化し、楯にし続けるのである。我々の要求に協力することを拒否し続けることによって、あなた方の機関は、進行中のパンデミックの起源を知らせ、将来のパンデミックを予防し、将来のパンデミックに対応し、米国の現在の国家安全保障態勢を知らせ、我々の公衆衛生専門家の信頼を回復するのに役立つ情報を隠すことを選択しているのです。HHSとNIHの継続的な妨害は、これらの機関の信頼性に回復不能な損害を与える可能性がある。本日公開された電子メールは、以下を含むがこれに限定されない重要な問題を提起している。

1. ファウチ博士やコリンズ博士はホワイトハウスの誰かに、COVID-19の可能性について警告を発したか?
研究所で作られたもので、意図的に遺伝子操作された可能性があるか?

2. もし、これらの懸念が共有されていなかったとしたら、なぜ黙っていることが決定されたのか?

3. 2020年2月1日から2月4日の間に、COVID-19が実験室由来であるという考えを覆すような新しい証拠があれば、教えてほしい。

4. ファウチ博士またはコリンズ博士は、「SARS-CoV-2の近接起源」と題するNature Medicine誌の論文を編集したのか?

5.この知識をもっと早く持っていれば、ワクチンや治療法の開発に役立ったのか?

6. 2020年2月1日までに、ファウチ博士とコリンズ博士は、WIVの安全性に関する国務省の警告を認識していたか?

7. この警告は、COVID-19パンデミックへの早期対応を変えただろうか?

以下、書簡と公開されたメールの全文をお読みください。

House Republicans Release Damning Fauci Emails Suggesting Concealed Knowledge Of Lab Leak | ZeroHedge
ZeroHedge - On a long enough timeline, the survival rate for everyone drops to zero
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】ランド・ポール議員、ファウチに激怒「80万人が亡くなっている。 勝利とでも思っているのか?」「あなたとバイデンの在任中の死者数は、トランプ大統領の在任中の死者数を上回っている!」「その地位を利用してワクチン義務化の政策を奨励したのだ!」
ランド・ポール議員はファウチを批判する ポールは、『ファウチが以前、COVID-19が武漢ウイルス研究所に由来するという考えを「陰謀説」として否定したこと』を非難した。 ポールは、ファウチとジョー・バイデンの在任中にCOVID-19...続きを読む
<疑惑が公になる時38>機能獲得に関する軍の文書は、宣誓下でのファウチの証言と矛盾していた/ファウチは「機能獲得研究には関与していないと、宣誓の上で繰り返し主張していた」
速報:機能獲得に関する軍の文書は、宣誓の下でのファウチの証言と矛盾している プロジェクトベリタスのスクープ プロジェクトベリタスは、米国海兵隊の少佐、元DARPAフェローであるJoseph Murphyによって書...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました