社会の話題と反応を発信していくネットメディア

全米最大規模の世論調査会社によれば、2024の大統領選はトランプ大統領がバイデンに勝ち、ヒラリーが挑んできても蹴散らすことを示している(マクラフリン世論調査)

政治

世論調査では、2016年の再戦ではトランプがクリントンを打ち負かすとされている。

2022年1月22日 ドナルド・トランプ前大統領は、2016年のライバルであるヒラリー・クリントンが自ら3度目のホワイトハウス招致を模索しているように見えるのと同時に、2024年の再出馬を予告し続けているが、新しい調査によると彼女は再び敗れるだろうとのことだ。

2016年に当時の候補者ドナルド・トランプに敗れたクリントンは、再戦でも51%対41%で負けることが、マクラフリンの世論調査で分かった。これはカマラ・ハリス副大統領がトランプ氏と対戦する場合よりもわずかに良い(51%対40%)だけだ。

1月13日から18日にかけて行われたマクラフリンの世論調査でも、2020年の再戦でトランプは49%対44%でジョー・バイデン大統領に勝利することがわかった。

“トランプ大統領へのバイヤーズ・リモース “は、相変わらず強い。「トランプ大統領は共和党の予備選候補を圧倒している」と世論調査員のジョン・マクラフリン氏はワシントン・エグザミナー誌に語っている。

ジョー・バイデン大統領の支持率が低迷する中、クリントン氏は12月にホワイトハウスでカマラ・ハリス副大統領と会談した

ニューヨーク・タイムズ紙は「ワシントンに到着して以来、ハリスは、歴史的な政治的成功を収めたクリントン夫人など、他の女性たちに助言を求め、進路を見出す手助けをしてもらっている」と報じた。

しかし、この会合以来、2008年にバラク・オバマに民主党の指名を奪われた元大統領夫人で米国上院議員は、バイデン政権全般を狙い撃ちしており、おそらくハリスとの会合は予定通りにはいかなかったという意見も出ている。

「民主党やリベラルな民主党、いわゆる進歩的な民主党が勝つようなディープブルー地区だけでなく、何が選挙に勝つかを慎重に考える時期だと思います」とクリントンは言った。

それ以来、バイデン氏とハリス氏の支持率が低下していることから、クリントン氏が民主党の最良の選択肢として言及されることが多くなっている。

民主党の政治アドバイザーであるダグ・ショーン氏とアンドリュー・スタイン氏は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に「最近の彼女の公的発言から、クリントン夫人は自分が有力候補であることを認識しているだけでなく、再び大統領選に立候補するかどうかを決めるための手続きを整えていることは明らかだ」と書いている。

ヒラリーは民主党の予備選ですら勝てない

「民主党が2024年の大統領選で勝機を見出したいなら、クリントン夫人が最良の選択肢だろう」と書いている。

しかし、やはりマクラフリンの世論調査によると、これらの結論は正しくない、とNewsmaxは付け加えている。

バイデンは再選を目指して出馬する予定だという。その場合、クリントンは民主党の予備選でわずか7%の票を得るに過ぎない、とマクラフリンの世論調査は示している。

バイデンが出馬しない場合も、クリントンにとって状況はあまり良くはない。マクラフリンは、彼女が民主党の有権者からわずか9%の支持を得ていることを明らかにした。

スポンサーリンク


また、同調査では、ミシェル・オバマ前大統領夫人とハリスがクリントンを上回っている(それぞれ22%、16%)。

復活したヒラリー・クリントンという新たな希望は、51%対41%でトランプに負ける」マクラフリンはExaminerにこう語っている。

一方、トランプ氏は、大多数の共和党有権者の間で依然として好ましい候補者である(conservativebrief抜粋)

Please Wait... | Cloudflare

McLaughlin & Associates:米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカで成功した組織を支援するために重要な役割を担ってきた全米規模の調査研究・戦略サービス会社。世論調査、メディアプランニングとバイイングサービス、戦略的コンサルティングサービスを専門としている。

https://mclaughlinonline.com/about-mclaughlin-associates/

参考記事

【悲報】動画あり:サークルバック・サキ報道官、バイデンを『オバ◯大統領』と言ってしまう
サキ報道官「プレジデント、オバ・・」 キャスター「私はあなたが今年引退し、仕事を辞任するかもしれないと言ったと小耳に挟んだのですが。それは本当でしょうか?」 サキ「私はいつ辞めるのかは分からな...続きを読む
【死に体のバイデン政権】CNN調査でも悲惨:支持率41%、不支持54%/国の分断は過去最高の49%に拡大。62%がアフガンを批判。60%がバイデンのコロナ政策に疲れ。経済支持は平均的大統領より18%も低い
最新のCNN世論調査によると、アメリカ人のわずか41%がバイデン大統領の仕事ぶりを承認し、54%が不支持である。 2022年1月22日 (CNN)ジョー・バイデン大統領は、コビッド19の大流行...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました