社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【不都合な真◯24】「マ◯ク着用義務化により、小児期の発話の遅れが350%以上急増」/赤ちゃんが育っている世界では、人々と顔で対話することができないとき、間違いなく「違い」を生じる(nationalpulse)

コロナ

ジャーナリスト、ララ・ローガン氏「マ◯ク着用義務化により、小児期の発話の遅れが350%以上急増」

報告:マ◯ク着用義務化により、小児期の発話の遅れが350%以上急増。

COVID-19の中で政府が実施したマ◯クの義務化は、幼い子供たちに言葉の遅れを引き起こしているようです。

ワシントンD.C.やニューヨークなど民主党が主導する都市では現在も施行されているこの規制は、子供や赤ちゃんの話す能力の発達に悪影響を及ぼしているという。

フロリダ州ノースパームビーチにあるスピーチ&ラーニングインスティチュートのクリニックディレクターで言語聴覚士のジャクリーン・シーク氏は、「今年は非常に困難な年でした」と強調する。

このクリニックでは、パンデミックの中、乳幼児の患者が364%も増加した。COVID-19が発症する前は、この年齢層の患者はクリニックの5%にすぎなかったが、現在では20%にも達しています。

スポンサーリンク


これが言葉の遅れを引き起こしているのではないか という研究は、まだ出ていない。しかし、最も間違いなく、それが要因であることは間違いありません」とシークは述べています。「子供たちが学ぶためにあなたの顔を見ることは非常に重要です」

同様に、WPBF 25 Newsの取材に応じた多くの保護者は、不規則な話し方を “CO◯ID-delayed “だと感じていた。同メディアの取材に応じた親は、その遅れの原因を「社会的孤立と、みんながマ◯クをしていること」だとした。

「赤ちゃんが育っている世界では、人々とその顔で対話することができないとき、それは間違いなく「違い」を生じます。赤ちゃんにとって、それは超重要なことなんです」と、別の親は注意した。(nationalpulse抜粋)

REPORT: Mask Mandates Causing Over 350% Surge In Childhood Speech Delays.
Government mask mandates implemented amidst the COVID-19 appear to be causing speech delays in young children.

参考記事

【動画あり:佐渡金山】高市早苗氏、腰抜け岸田政権に喝!「来年以降、世界遺産審議の意思決定ができる委員国に中・韓が加わる可能性があり、歴史戦に持ち込まれる最悪の状況を招く!」(衆院予算委)/ネットは政権への怒りの声
高市政調会長「推薦は今年しかない」 仮に今年度推薦しないとなると、来年になれば佐渡金山の推薦はさらに困難になる。 審議決定を行うユネスコの世界遺産委員会は、21カ国で構成され、日本は昨年11月...続きを読む
【動画あり:佐渡金山】高市早苗氏、事なかれ岸田政権に喝!「仮に申請を見送れば、国際社会に誤ったメッセージを発信することになる!」(衆院予算委)/ネットには賛辞、賛同の声殺到
高市氏「仮に申請を見送れば、国際社会に誤ったメッセージを発することになる」 仮に今年度の申請を見送った場合、日韓併合条約によって同じ日本人として戦時中日本人と共に働き、国民徴用令に基づく旅費や賃金を...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました