社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【佐渡金山推薦】安倍元総理痛烈批判「今回、来年に先送りして登録の可能性が高まるのか?冷静な判断が求められる。歴史戦を挑まれている以上避ける事は出来ない」

政治

安倍元総理「歴史戦を挑まれている以上避ける事は出来ない」(facebook)

慎重論を展開する人達はいつも同じ論理。

「明治日本の産業革命遺産」の時もそうでした。「韓国の反応が」「反論の準備が」

「アメリカの反応が」。あの時確かに推薦しても登録出来ないリスクは有りましたが、見送っても事態は変わらないと判断しました。

最終的に韓国と合意し登録しましたが、今でも闘ってます。

今回、来年に先送りして登録の可能性が高まるのか?冷静な判断が求められます。歴史戦を挑まれている以上避ける事は出来ません。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

高市政調会長「推薦は今年しかない」

仮に今年度推薦しないとなると、来年になれば佐渡金山の推薦はさらに困難になる。

審議決定を行うユネスコの世界遺産委員会は、21カ国で構成され、日本は昨年11月から2025年の秋までは委員国。世界遺産委員会では委員国にのみ意思表示の権利があり、韓国は委員国ではない。

世界委員会の委員会の決定は、2/3以上の多数による議決、つまり委員国14カ国の賛成で認められる。

今年2月1日までに推薦した場合、審議決定は来年の6月である。

高市氏「仮に申請を見送れば、国際社会に誤ったメッセージを発することになる」

仮に今年度の申請を見送った場合、日韓併合条約によって同じ日本人として戦時中日本人と共に働き、国民徴用令に基づく旅費や賃金を受け取っていた朝鮮半島出身者について、誤ったメッセージを国際社会に発信することになりかねない。

また1965年の日韓国交正常化の際に締結された、「日韓請求権協定」に明らかに違反して、日本製鉄や三菱重工業に対する慰謝料請求権を認めた「2018年の韓国大法院判決」や、昨年9月と10月に日本企業の差し押さえ資産に関して、裁判所による「特別現金化命令」が出たということについて、日本政府の反論や抗議に関して国際社会の理解が得られにくくなる。

参考記事

【狂◯の沙◯】東京都 今週にも病床使用率50%で緊急事態宣言の要請検討か/ネットには怒りと呆れの声
東京都 今週にも病床使用率50%で緊急事態宣言の要請検討か 東京都 今週にも病床使用率50%。小池知事は先週、あらためて、病床使用率が50%になれば「緊急事態宣言の要請を検討...続きを読む
【動画あり:話題】変異する前からほとんどの人にとっては軽症で、無性症の感染症。 にもかかわらず、かかったら隔離して社会、経済を止めなければならない、こんな馬鹿げたことはない(木村もりよ氏)
増えたから感染を抑えるという馬鹿げたこと、2年前と同じようなことを絶対にやってはいけない 少なくとも言えることは、この感染症は、私たちの中からある日突然消えてなくなるものではない。 そしてこれは変...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました