社会の話題と反応を発信していくネットメディア

フランスの「フリーダムコンボイ」数千人、ワクチン義務化に反対してパリに向かう/警察は、シャンゼリゼ通り沿いを含むいくつかのパリの交差点にバリケードと装甲車を設置

コロナ

数千人の抗議者たちが金曜日、フランス各地からカナダ式の車列でパリに向かった。装甲車は市内に配備された。

カナダで始まった「フリーダム・コンボイ」に触発され、ワクチンパスに反対するデモ隊がパリに向かって走り出した

数千人の抗議者たちが金曜日、フランス各地からカナダ式の車列でパリに向かった。装甲車は市内に配備された。

2022年2月12日

フランスの「フリーダムコンボイ」は、ワクチン規則に反対してパリに向かう。

エマニュエル・マクロン大統領は、フランスのコビド19ワクチンパスに反対する抗議者たちが、カナダの “自由護送船団 “に触発されて首都を封鎖しようとパリへ向かう中、秩序を呼びかけた。

警察は、シャンゼリゼ通り沿いを含むいくつかのパリの交差点にバリケードと装甲車を設置した。トラクターと水鉄砲も配備された。

マクロン大統領は、金曜日に発行されたOuest-France誌のインタビューで「秩序」を求め、一方で、パンデミックに拍車をかけた疲労と怒りを「理解し尊重する」と述べた。

スポンサーリンク


金曜日の夜、ソーシャルメディアに共有された動画では、パリにつながるいくつかの高速道路の出口が閉鎖されていることが示された。パリ南部のダンフェール・ロシュロー広場には、数十人の支援者が徒歩で集まり、旗を振り、音楽を聴いていた。

警察は、「convois de la liberte」(自由のための車列)を禁止し、抗議者を阻止するために月曜日まで首都と主要高速道路の料金所に約7,200人の警官を配置する予定である。

フランスはここ数週間で、在宅勤務の義務化や屋外でのマスク着用義務化などの規則緩和を始めています。ナイトクラブは2月16日に再開できる。政府は、コビド規制をできる限り早く解除するとしている。

抗議者たちは金曜日、ソーシャルメディア上で、警察に止められるのを避けるため、車から横断幕を外し、パリに向かう小さな道を通るよう他の人々に促した。車列は月曜日にブリュッセルに向かう予定だが、そこでも車列は禁止されている。

Bloomberg - Are you a robot?

数千人のデモ隊が金曜日、フランス全土からカナダ式の車列で #パリ に向かった。装甲車は市内に配備された。

数千人のデモ隊が金曜日、フランス全土からカナダ式の車列で #パリ に向かった。装甲車は市内に配備された。

参考記事

河野太郎氏、3回目接種「8カ月に根拠なし。完全に厚労省の間違い」「薬事承認は6ヶ月だから、6ヶ月経った人はどんどん打ち始めることができた」/ネット「1年効くと言ってたの誰だっけ?」「昨年6月に『ワクは1年持つ』と言ったのは?」
河野氏、「3回目接種」をめぐる厚労省の対応を「完全に間違いだった」「8ヶ月には根拠はない」 河野太郎氏、3回目接種「8カ月に根拠なし。完全に厚労省の間違い」 2/12(土)...続きを読む
マクロン大統領、「遺伝子情報渡せない」とロシア訪問時にPCR検査を拒否/「ロシアがDNAを手に入れることは受け入れられない」
マクロン大統領は、DNA盗難の懸念からプーチン大統領の訪問時にロシアのCOVIDテストを拒否した [パリ 11日 ロイター] - エマニュエル・マクロン仏大統領は今週、プーチン大統領に会いに...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました