社会の話題と反応を発信していくネットメディア

イーロン・マスク氏、ツイッター買収の憶測を呼ぶ/取締役非就任により株保有の制限が外れ「敵対的買収検討か」との憶測/マスク氏は意味深なツイートを投稿、削除している(dailymail)

政治

イーロン・マスク、9.2%の株式を保有し筆頭株主となったTwitter社の取締役会への参加を拒否。

2022年4月11日

パラグ・アグワルCEOは「これが最善だと信じている」と語り、マスク氏はこのニュースを受けて奇妙なツイートをした後、1つの絵文字を削除している。

イーロン・マスク氏(50)は先週、ツイッターの筆頭株主となり、創業者ジャック・ドーシー氏の4倍となる9.2%の株式を購入したことが明らかになった。

マスク氏は土曜日に同社の取締役会に参加する予定だったが、参加しないことにしたと、パラグ・アグラワルCEOが日曜日に発表した。

アグラワル氏は、マスク氏の決断は「最善」だと思うと述べ、同社は企業目標に集中し続けなければならないと語った。

マスクが参加しない理由については言及しなかったが、株主が懸念を表明したことを示唆した。

アグワルCEOは「我々は、取締役であるかどうかに関わらず、株主からの意見を常に大切にしている」

マスクは日曜日の夜、口元に手を当てて笑っている顔の絵文字をツイートし、削除した-歓喜、にっこり、照れ笑い、幸福の表情と思われる。

マスク氏は敵対的買収を計画しているため、取締役会への参加を取りやめたのではないか、という憶測もある。

取締役会に参加すれば、14.9%以上の株式を保有することができなくなるはずだった

しかし、マスク氏はその後、Twitterに変更を提案するツイートを次々と投稿したり、オンライン投票を実施したり(真面目なものもあれば、冗談のように見えるものもある)して過ごすうちに、考えを改めたのである。

マスク氏は、受動的な投資家にとどまることも、敵対的買収を計画することもできるようになった。(dailymail)

参考記事

【動画あり】2020年選挙をスチー◯した投票券密売人を暴く映画『2000 Mules』が今週公開/トランプ氏「この映画を見てくれ、不正のすべてがわかる」
トランプ大統領「今週公開される映画を見てくれ」 今週公開されるディネッシュ・ドスーザの映画を見てください。彼らはすべてを記録しています。何が行われたのか、その大部分を記録している。 様々なレベ...続きを読む
【動画あり】アンティファがフランス各地で暴力行為/仏大統領選でマクロンとルペンの両氏が決選投票へ進んだことへの不満で
仏大統領選 現職マクロン、極右ルペンが決選投票へ 2017年前回に続く対決 2022/4/11 【パリ=三井美奈】フランス大統領選の第1回投票は10日、投開票された。国営テレビが報じた予測によ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました