社会の話題と反応を発信していくネットメディア

《旭川14歳少女凍死》新たな加害生徒2名が判明 イジメを受けてから3年“凄惨な事件”/ネット「いじめじゃなくて「犯罪」」「単なる悪ふざけとして処理した理由を学校側は説明すべき」

事件

《旭川14歳少女凍死》新たな加害生徒2名が判明 第三者委員会が中間報告で認定した“イジメ6項目”驚きの詳細

「自慰行為の実行を繰り返し求めたことはイジメにあたる…」
4/13(水)

《旭川14歳少女イジメ凍死から1年》「卒業番号はなかったが嬉しかった」X中学校から廣瀬爽彩さんに授与されていた卒業証書 “一人きりの卒業式”を母親が涙の告白 から続く

 昨年3月に廣瀬爽彩(さあや 当時14歳)さんの遺体が見つかって1年、そしてイジメを受けてから3年。世間の注目を浴びた“凄惨な事件”が大きな山場を迎えようとしている。

2022年3月27日、イジメの有無の再調査を行ってきた第三者委員会は「イジメとして取り上げる事実があった」として爽彩さんが受けた“6項目の事実”について「イジメだった」と認定。その6項目の詳細が文春オンラインの取材でわかった――。

委員会の発足から10カ月が経った3月27日、第三者委員会は旭川市内で母親と弁護団に調査報告を行った。2019年4月から2019年6月までの「事実経過」をまとめた中間報告書を読み上げ、これまで頑なに「イジメと認知するまでには至らない」という認識を示してきた学校や市教委の結論を覆し、6項目の事実について「イジメだった」と認定したことを遺族側に伝えた。

イジメとは無関係と主張していた人物が、加害生徒として認定される

同日、イジメの真相解明を公約に掲げていた旭川市の今津寛介市長はツイッターで以下のようにコメントした。

《女子中学生が亡くなられた事案について、今回、旭川市いじめ防止等対策委員会の報告があり、いじめとして取り上げる事実があったとの調査結果が出されました。私としても以前から、いじめであるとの認識を示して参りましたが、この度の報告によって本事案の真相解明への第一歩となったと考えており、非常に重く受け止めております》

また、3月30日には旭川市教育委員会の黒蕨真一教育長が協議の場で遺族に対して深々と何度も頭を下げ、事件後初めて謝罪した。

この度、いじめ防止等対策委員会からイジメとの判断を受けました。認知が大幅に遅れ、その間、ご心痛ご心配をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。(文春抜粋)全文は👉こちら

ネットの声

これいじめじゃなくて犯罪な。加害者は少年鑑別所に送るべき。

事件後初めて謝罪。遅い。遅すぎる。

「加害者に未来がある学校は責任を負えない」発言にしても、被害者の尊厳も未来も奪っておいて都合がよすぎる。

逃げ出すことも助けを呼ぶこともできず従うしかないなんてあまりにひどい。

未成年者の年齢を下げて、実名を出すことも考えるべきだな今後は。

学校内だと「いじめ」という軽い言葉になってしまうのが歯がゆい。もうこれは脅迫、恐喝、暴行、殺人教唆(自殺強要)と呼べるのではないだろうか?

世間の関心事項になるまでいじめとして認めず、単なる悪ふざけとして処理した理由を学校側は説明すべき。

学校から未だに説明も謝罪もない。北星中学校には子供を安心して預けられない。いじめを隠ぺいした結果、少女は亡くなった。

参考記事

イーロン・マスク氏「ツイッターの本社をホームレスシェルターに改築しようか?どうせ誰も来ないんだから」とツイート/結果は?
イーロン・マスク氏 ツイッターのサンフランシスコ本社をホームレスシェルターに改築しようか、どうせ誰も来ないから Twitter(ツイッター):アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフラン...続きを読む
「ワクチ◯が多数の死者を出していることは疑う余地もない」「米国で年間すべてのワクチ◯を合わせても死者数は150人だが、コロナでは21,000人以上が死亡している」疫学者ピーター・マッカロー博士
ワクチ◯が多数の死者を出していることは疑う余地もない」。ピーター・マッカロー博士2022年4月4日パンデミックには必然的に死がつきまとい、2019年末に武漢研究所から逃げ出したファウチ資金による遺伝子組み換えウイルスのおかげで、この2年間は
タイトルとURLをコピーしました