社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】北京で感染対策が強化。ロックダウン懸念のため、市民が食料を求めて長蛇の列

コロナ

北京で感染対策強化 ロックダウン懸念で買いだめも―中国・新型コロナ

2022年04月25日

【北京時事】中国・北京で25日、新型コロナウイルスの感染対策が強化された。市中心部の朝陽区は同日、約345万人の住民や区内への通勤者全員を対象としたPCR検査を開始。ロックダウン(都市封鎖)への懸念から、市内では生鮮食品の買いだめも起きている。

中国国内では3月以降、各地で市中感染が拡大し、上海市などでロックダウンが導入された。

北京の新規感染者は連日1桁台で推移していたが、4月22日以降、学校関係者や会社の同僚らの間で感染が広がり、25日までの4日間で計70人となった。(時事通信)

北京はロックダウンスタート?

AFP

動画:コロナ感染が拡大する中、食料品を買い込むためにスーパーマーケットに押し寄せる北京市民。世界第2位の経済大国である北京は、コビド(牛疫)ゼロの厳格な政策を維持しているため、過去2年間で最悪の発生を食い止めるのに苦労している。

北京-中国はコロナをコントロールできず、現在北京では極端な閉鎖が予想され、パニック買いと強制集団検査の長蛇の列に拍車をかけている。

上海と同様の長期の封鎖を見越して北京で食料を蓄える

北京ではロックダウンの心配からか、食料を買いだめする人が増えているようです。北京の中国のスーパーマーケットは満員でしたが正午頃には行列がなく、2時間後にはかなり長い行列ができました。かなり大きなスーパーです。

参考記事

林外相が韓国代表団と面会。林氏は都内で夕食会を開く/ネットは批判の声「夕食会まで・・」「ボールは相手にある。ただそれだけ」
林外相が韓国代表団と面会 副議長は記者団に「アニョハセヨ」 林芳正外相は25日午前、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領が政策協議のため派遣した代表団と外務省で面会した。代表団団長を務...続きを読む
自民・高市氏「自分の国は自分で守る覚悟を」「核を持つ中露北と隣り合う日本は、覚悟が問われている」/ネット「早く岸田氏と代わってほしい」
「自分の国は自分で守る覚悟を」自民・高市氏が講演 2022/4/24 大阪「正論」懇話会の第60回講演会が24日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで開かれ、自民党の高市早苗政調会長が「...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました