社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【ガソリン高騰】姑息なバイデン。中間選挙に影響する期間だけ、ガソリン減税提案/共和党だけでなく、民主党議員さえ「効果は限定的」と否定的

政治

姑息バイデン、ガソリン価格高騰を中間選挙に影響する期間のみ減税提案

ジョー・バイデン 11月の中間選挙を前に、ガソリンや軽油の価格が記録的に高く、支持率が記録的に低い中、9月までの3ヶ月間、連邦政府のガソリン税とディーゼル税を停止するよう議会に要請する。

バイデン氏とその側近は、ガソリンの全国平均価格が1ガロンあたり4.97ドル前後で推移していることから、プーチンに責任を押し付けたあと、繰り返し石油精製所に責任を押し付けている。

米バイデン大統領 ガソリン税など3か月間免除を議会に要請

2022年6月22日

アメリカのバイデン大統領は22日、価格の高騰が続くガソリンなど燃料に対する国の税金を3か月間免除するよう、議会に要請
支持率が低迷する中、国民生活の負担軽減に取り組む姿勢を示すねらいがあるとみられます。


アメリカのホワイトハウスは22日、バイデン大統領がガソリンやディーゼル燃料にかかる連邦税を一時的に免除するよう、議会に要請したと発表しました。

アメリカのガソリンの連邦税は1ガロン=3.78リットル当たり18セント、1リットル当たり6円程度で、この課税を9月末までの3か月間停止する内容です。

アメリカでは、記録的なインフレが続く中、レギュラーガソリンの全米平均の小売価格が今月、1年前よりも60%高い1ガロン当たり5ドルを突破し、過去最高値を更新しました。

プーチンのせいにするも支持率は最低に

インフレに収束の兆しが見えないことについて、バイデン大統領は「プーチン大統領のせいだ」と繰り返し主張していますが、支持率は就任以来最低の水準に落ち込んでいます。

このため、今回の税金の一時的な免除は、夏の旅行シーズンに合わせて国民生活の負担軽減に取り組む姿勢を示すねらいがあるとみられます。

ただ、ガソリン税の一時的な免除だけでは、価格抑制の効果は限定的だという指摘も出ていて、11月の中間選挙も意識してさらなるインフレ対策を打ち出すことになりそうです

米バイデン大統領 ガソリン税など3か月間免除を議会に要請 | NHK
【NHK】アメリカのバイデン大統領は22日、価格の高騰が続くガソリンなど燃料に対する国の税金を3か月間免除するよう、議会に要請しま…

参考記事

【岸田ショック、岸田禍、岸ダメ、岸田ですノート】節電すると『モデル世帯で月に数十円』のポイント還元/ネットは怒号「外国人には1兆円、日本人には十円」
節電ポイントで料金割引、政府支援 電力各社の制度拡大 2022年6月22日 21日に首相官邸で物価・賃金・生活総合対策本部の初会合を開き、本部長の岸田文雄首相は「効率化に応じて幅広く利用できるポイン...続きを読む
【動画あり】バイデン、ドヤ顔で政権の重要人物を間違える「あの男、ジャーがCDCの所長だ」→「彼は医者だ。所長はワレンスキーで、しかも女性だ」/ネット「呆◯てる」
バイデン「あの男がCDCを運営している。(ドヤッ)」 バイデン: 「ジャードクターが見えるか、あそこにいる男がわかるか?彼は最近、私のためにCDC(アメリカ疾病予防管理センター)を運営している男だ」...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました