社会の話題と反応を発信していくネットメディア

侮辱「賞状」騒動のハシモトホームがHPで謝罪「本件を重く受け止め、最大限誠意ある対応をとる所存でございます」/ネットには批判の声やまず

事件

侮辱「賞状」騒動のハシモトホームがHPで謝罪

青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」(橋本吉徳社長)が、40代の男性社員=平成30年に自殺=に賞状を模した侮辱する内容の書面を渡すなどしていた問題で、ハシモトホームは23日、ホームページ上で謝罪のコメントを発表した。

コメントでは「弊社に関する一連の報道について」として、「関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

本件を重く受け止め、最大限誠意ある対応をとる所存でございます」などと謝罪。

「現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めておりますので、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきますので、今しばらくお時間を賜れますと幸いです」としている。

男性社員の遺族は、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8000万円の損害賠償を求めて青森地裁に提訴している。(産経)

「賞状」で自殺社員を会社が侮辱 パワハラで勤務先を提訴

6/21(火)

青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。遺族は20日、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。

原告側によると、関係会社も参加した18年1月の新年会で、男性は課長が作った「症状」と題した書面を渡された。「今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」「陰で努力し、あまり頑張ってない様に見えてやはり頑張ってない」などと書かれていた。

「賞状」で自殺社員を会社が侮辱 パワハラで勤務先を提訴(共同通信) - Yahoo!ニュース
 青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。遺族は20日、パワハラや長時間

ネットの声

同県人の人間として恥ずかしく情け無い。

これはアウトだろ。。

課長の愚かさを見抜けなかった経営層の責任大。

原因究明って、新年会で「症状」を本人に渡してるから、部門か社内ぐるみで、陰湿なことやってたんじゃない?

コンプラの厳しい状況で、こんなことをやる会社はいまだにあるんだな、と衝撃。

こんな会社が作った家に絶対住みたくない。。。

この課長にはどんな処分が下されるのかね。

一度失うとその信頼回復には10年はかかるからな。

無関係の社員が気の毒。

参考記事

エプスタインの少女虐待を助けたギレーヌ・マックスウェルに、検察は30年以上の実刑を求刑/「何年にもわたり少女を食い物にし、性的虐待の手引きをした」判決は6月28日
ギレーヌ・マックスウェルに最低30年の実刑を求刑 ジェフリー・エプスタインの少女虐待を助けたギレーヌ・マックスウェルに30~55年の禁固刑を課すよう検察官が求刑 ギレー...続きを読む
【動画あり】公明党の推薦を蹴った小野田紀美氏、岡山県護国神社から出陣「国民の思いに反くことのないような政治をしなければいけない」/ネットには支持の声殺到
岡山県議会議員、福島恭子氏のツイート 小野田紀美氏「国を護る人たち、国民の笑顔を守りたいという人たちの思いが集まった場所。 政権与党として、自民党として国民の思いに反くことのないような政治...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました