社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【左派メディア、活動家の不都合な真実】国連科学委、福島原発事故「放射線被曝を原因とする健康被害は認められない」「将来の癌の発生も、取るにたらない水準にとどまる」

エコ

国連科学委、福島第一原発事故での「放射線被曝を原因とする健康被害は認められない」

2022/07/19 20:25

「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」のメンバーらが19日、日本記者クラブで記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所事故について「放射線 被曝ひばく を原因とする健康被害は認められない」とする解析結果を紹介した。メンバーは、昨年3月に公表した事故影響に関する報告書を住民や科学者らに解説するため来日している。

同委員会は世界の放射線医学などの専門家が参加しており、500本超の論文や調査を基に報告書をまとめた。報告書では、住民の避難経路などを精査した結果、被曝線量は高くないと推計し、「被曝によるがんなどの健康影響が増加する可能性は低い」と結論づけた。

前議長のギリアン・ハース氏は「報告書は最新の知見やデータに基づいている。結論は堅固で将来も大きく変わるとは思われない」と強調した。

メンバーは22日まで東京と福島で住民や学生、科学者らと対話イベントを開く。

国連科学委、福島第一原発事故での「放射線被曝を原因とする健康被害は認められない」
「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」のメンバーらが19日、日本記者クラブで記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所事故について「放射線 被曝 ( ひばく ) を原因とする健康被害は認められない」とする解析結果を紹

ボリスラバ・バタンジエーヴァ・メットカーフ原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)事務局長 会見 2022.7.19

ギリアン・ハース氏「その結論というのは次のようなものであります。

事故による放射線被曝に直接起因する、健康被害は認められなかった。

また、事故による放射線への被曝によって起こると推論される、将来の癌の発生についても、取るにたらない水準にとどまるであろう。

さらに日本の子供について観察された甲状腺癌の発生率は、超高感度スクリーニング検査を広範囲にやった結果である。

この報告書が引き出している結論は堅固で、将来変わるものではない。

 

ネットの声

小野田紀美氏「委員会質問でも申し上げましたが、科学的にデータに基づいての議論が全てであり、どんなデータが出ても不安を煽り続ける人達こそが風評被害を作っているのです。」

読売だけでなく、各新聞も報道すべき。

なぜ、朝日は報道しないのか。不都合な真実だからか。

マスコミさんは中国と韓国と共産党の大声には忠実なんです。とても自由主義陣営のメディアとは思えない。

今の日本の多くのマスコミに科学的なまともな報道など期待できない、メディアはもう死んでいる。

これで一件落着。すべては終わり、すべては風評だった。

左派メディアは恥を知れ!。これが真実だ。

むしろ国連科学委が出した結論をガンガン流してくれないかな。 とさえ思う。 工作機関のオールドメディアは本当にどうしようもない

参考記事

【恐るべきトランプ人気】トランプ大統領支持のコックス氏がメリーランド州知事共和党予備選に勝利/共和党の体制側の反対にもかかわらず、トランプ推薦候補者が続々勝利
トランプ氏推薦のダン・コックス氏がメリーランド州知事予備選に勝利 ドナルド・トランプ大統領がメリーランド州知事に選んだダン・コックスが、20日に行われた競争の激しい共...続きを読む
【ファクト】世界五大医学雑誌のランセットは「頻繁なブースターは免疫反応に悪影響を及ぼす」と指摘。さらに「2回投与後の免疫機能は、未接種者のそれより低い」
マーティ・マキャリー医師 「コビドワクチン2回接種後8ヶ月のワクチン接種者の免疫機能は、ワクチン未接種者のそれよりも低かった。 欧州医療機関では、「頻繁なブースターショットは免疫反応に悪影響を...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました