社会の話題と反応を発信していくネットメディア

政府、5類扱い『検討』へ 7波収束後 感染者全数把握取りやめも/ネット「7波後?今でしょ!」「出た検討使!検討してる間に8波くるわ」「検討?今まで何してたの?」

covid19(コロナ)

コロナ「インフル並み」に扱い検討へ…第7波収束後、感染者「全数把握」取りやめも

2022年7月30日

政府は、新型コロナウイルス流行「第7波」の収束後、コロナの感染症法上の「2類相当」扱いの見直しに着手する方針を固めた。保健所や発熱外来の負担軽減のため、感染者の全数把握取りやめの是非などを検討する。

一方、政府は29日、都道府県が「BA・5対策強化宣言」を出す枠組みを創設する新たな感染対策を決めた。

新型コロナは感染症法上、「新型インフルエンザ等感染症」に含まれる。同法の1〜5類の感染症分類とは別枠で、2番目に厳格な「2類相当」の対応が取られている。全ての感染者を確認する「全数把握」が必要で、外来での診察は発熱外来に限られている。

このため、感染拡大のたびに保健所と発熱外来の業務が逼迫ひっぱくしてきた。濃厚接触者の特定と待機要請も行われ、企業や公共機関の職員欠勤が相次ぎ、社会経済活動にも支障が出ている。

一部の地方自治体や専門家、経済界からは、コロナの位置づけを季節性インフルエンザと同じ5類相当に下げるべきだとの声が出ていた。季節性インフルエンザと同じなら、全数把握は不要で一般の医療機関での診察も可能になる。

木原誠二官房副長官は29日、読売新聞のインタビューで、2類相当の位置づけについて第7波を乗り越えた後には見直しが不可避だ」と述べた。

政府は単純に5類と同等にするのではなく、社会経済活動の正常化に必要な範囲で緩和可能な項目を見極める考えだ。政府内ではコロナ医療や検査を全額公費負担する制度は継続すべきだとの意見が多い。(讀賣新聞)

コロナ「インフル並み」に扱い検討へ…第7波収束後、感染者「全数把握」取りやめも(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 政府は、新型コロナウイルス流行「第7波」の収束後、コロナの感染症法上の「2類相当」扱いの見直しに着手する方針を固めた。保健所や発熱外来の負担軽減のため、感染者の全数把握取りやめの是非などを検討する

ネットの声

正直、この政権にはもう何も期待しない。遅きに失したどころか、これから検討って、呆れる。

何が決断と実行だよ。笑わせてくれるわ。

安倍さん亡き後、仕方なく岸田を応援しようと思ったが、だめだこりゃ。

これから検討ってこれまで一体何してきたの?こうなることはわかってたろ。第6波までに5類を検討して、7波が来る前に実行しておくべきだったんだよ。何もかも遅い。

タイミング逃した。遅きに失したとはこのこと。

世界ではコロナなんて終わってて、サル痘(これも大したことない)の話題に移ろうってのに、まだコロナやってる日本。何周遅れてるんだよ。

いや遅過ぎるだろーーーーっ!!!!

本当に遅い。全て後手後手。

ホンマ遅すぎる。今まで何やってんて思います。

参考記事

NEW!バイデンの嘘発覚か/バイデンは副大統領時代、ハンターの仕事仲間14人と会ったことが発覚/バイデンはこれまでハンターの仕事仲間には会ってないと言っていた
ジョー・バイデンは、オバマの下で副大統領を務めている間、ハンターのビジネスパートナー、少なくとも14人と会っていた ジョー・バイデンはオバマ政権下の副大統領時代に、ハンターのビジネスパートナ...続きを読む
トランプ大統領「ペロシはなぜ中国や台湾に関与しているのか。インサイダー取引を含めて、彼女の不正直な夫のために金を作るためか?」/ペロシ夫妻にインサイダー取引疑惑
トランプ大統領「ナンシー・ペロシはなぜ中国や台湾に関与しているのか。」 「ナンシー・ペロシはなぜ中国や台湾に関与しているのか。 それは、問題を起こし、より多くのお金を、おそらくインサイ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました