社会の話題と反応を発信していくネットメディア

宮沢孝幸教授「オミクロン株は人工的に作られた可能性が高い。自然界で起こることはない」地上波で取り上げられる

covid19(コロナ)

宮沢教授「オミクロン株は人工的に作られた可能性が高い」

宮沢教授「オミクロンがおかしな変異をしている。我々はオミクロンになる一個手前、あとワンピース加えればオミクロンになる。オミクロンの親を探していた。

それが31個もいた。白く抜けているのが武漢型の配列、オミクロンで一箇所武漢型にもどっている変異が31個も見つかってしまった。親を見つけていたら子供だったというはなし。

打ってしまった人のために、マッカロー博士が解毒方法を語る/博士「接種した人から、最もよく聞かれる質問は「どうやったら体から取り除くことができるか」ということだ
コロナワクチン解毒の「非常に貴重な物」について、ピーター・マッカロー博士が語る 世界的に有名な心臓病学者であるピーター・マッカロー博士は、コロナワクチン解毒に関する情報を提供するインタビューに応じた...続きを読む

そこから、これは実験だと思った。要はオミクロンの配列の中でどの配列が重要でどの配列が重要でないか、変異を入れてみた。

アナ「この白の部分がそれぞれ、変わっているのが一個ずつ順番的に実験的に作れらたんじゃないかということですか」

宮沢教授「そう、こんなシステマティックに行われる・・・」

アナ「誰かが意図的に入れているということですか?」

宮沢教授「入れているとしかみえない。これが自然界で起こることはない。オミクロンは人工物でなおかつ実験をしているということが明らかになった」

打ってしまった方へ、これからどうすれば良いかを専門家Drが語る/ワクチン後の胎児の死産率は劇的に上昇、昨年、100万人の生まれてくるべき赤ちゃんが死産に
出生率が低下している:妊娠の確率を上げるためにできること 英国では、2022年の出生数が以前と比べて月4900人不足している。また、CAの病院では死産率が以前の4倍近くになっている。 産婦人科...続きを読む

アナ「誰がこのような変異を起こして、どのような目的があったと考えていますか?」

宮沢教授「言い難い・・非常に懸念をしているのは、来年の5月に決まってしまうと考えているのはWHOのパンデミック条約。日本はワクチンをいらないと言ってもWHOが打てと言ったら打たなければならない。保健事業の主権が奪われてしまう」

古舘伊知郎氏「大手製薬メーカーの戦略として人工的な変異を促しているとみているのか」

コロナ以外もそういうことが行われるのではないかと懸念している。それを使ってバイオテロができてしまう。

竹田恒泰氏「宮沢先生の論文が地上波で紹介されるのは最後かも知れない。オミクロン株は人工的に作られた可能性が高いという話し。これもし本当だとしたら、1億2千万人が踊らさせていた話しだ」

ソース👉(そこまで言って委員会NP

米メディアも報道/日本のトップウイルス学者が街で警告「分析すれば一目瞭然」 「自然プロセスでは考えられない変異」京大宮沢教授
速報:日本のトップウイルス学者が製造されたオミクロン株に警告を発する 「分析すれば一目瞭然」 京都大学教授 BREAKING: Top Japanese Virologist Warns o...続きを読む

オミクロンは人工物の可能性(Salalaさんのポストより)

宮沢医師「最初は嘘だと思った。そんな悪いことをするはずがないと。しかしデータを解析したらすぐにわかった」(動画)
宮沢医師 魂の叫び(藤江さんのツイートより) 本日 仙台駅前にて pic.twitter.com/0QpRoEHZCL — 藤江@日本人、謎の大量死※コロナでは説明できない (@JINKOUZ...続きを読む

宮沢孝幸教授「2つカットされた。1つは説明が難しいから、もう1つはインパクトが強すぎるから」

宮澤大輔医師「そのあと2つの図を出して説明してほしい」

宮沢教授の街頭演説が英訳され拡散/米著名ジャーナリスト「日本人は目覚めつつある。イベルメクチンを発明者したのも日本人だ!」
米メディアが宮沢教授の街頭演説を取り上げ絶賛 宮沢孝幸は京都大学の教授でウイルス学者である。彼はワクチン推進論者で、コロナウイルスの感染を減らすための作戦を推進してきた。しかし、彼はついにコロナウイ...続きを読む

掛谷英紀教授

http://totalnewsjp.com/2023/09/01/covid19-952/

元ファイザーの副社長、ドクター・マイケル・イードン氏も暴露している

「人々を故意に傷つけ、こ◯すためにこれらのワクチン接種が行われた」

「いわゆる『パンデミック』は、WHOやWEFなどの選挙で選ばれていない世界的な機関によって事前に計画され、調整され、故意にmRNAワクチンを通じて地球の人口を減少させる口実として使われた」

「私たちは、ウイルスと呼ばれるものよりももっと悪いものに直面している。ワクチンと呼ばれるものによる人々の被害は偶発的なものだと言いたいところだが、偶発的なものではない。

私は、これらの注射は、人々を傷つけ、傷つけ、故意にこ◯すために行われていると確信している

元ファイザー副社長が暴露「WHOやWEFなどの世界的な機関が、意図的に人口減少させるために接種を行った。その証拠がある」(動画)
元ファイザーの副社長、ドクター・マイケル・イードン氏「人々を故意に傷つけ、こ◯すためにこれらのワクチン接種が行われた」 「いわゆる『パンデミック』は、WHOやWEFなどの選挙で選ばれていない世界的な...続きを読む

ネットの声

画期的だ。地上波でタブーが放送された。できれば全国ネットで続きをやってほしい。

言いたいことを曲げられず広めてくれるのであれば素晴らしいことだ。

これはほぼ事実だろう。恐ろしいことが起きている。陰謀論ではなかったと証明され、今はワクチン推進派が陰謀論だと判明した。

彼らがどういう意図でやったかだ。もしある意図を持って、それがワクチンに入っているのだとすれば、数年後、10年後恐ろしいことが起きる。今以上に。。。

地上波でここまで!すごいことです! 議論すべき問題。

元ファイザー副社長が暴露「mRNAは免疫系が自身を攻撃し、血栓を引き起こすように意図的に設計されたものだった」(動画)
元ファイザー副社長「複数の意図的な毒性が組み込まれている」 ファイザーの元副社長、マイケル・イードン博士は、2020年後半以降に大々的に展開されたmRNAは、免疫系が自分自身を攻撃するのに加えて、血...続きを読む

すごく理解しやすく、さらに興味深く感じました。 先生の主張がメディアで幅広く届くことはとても良い機会だと思いました。

言いたりない事はたくさんあると思いますが最後の竹田先生の言葉で少し救われました。

さらに全ての真実が世に浸透してほしい。

カットされたのは残念ではありますが、それでもかなりインパクトがあり、ここまでちゃんと取り上げてくれたことには希望を僅かなりとも感じました。

参考記事

マローン博士「これは始まりに過ぎない。今後より多くのmRNAを注入するためのキャンペーンだ」:mRNA開発者のノーベル医学賞受賞に
mRNA技術の殺◯的研究がノーベル賞を受賞 - ドクター・マローンの反論 メインストリームメディアによれば、COVID19 "ワクチン "の開発におけるその役割により広く注目を集めたmRNA技術は、...続きを読む
【不都合な真実】奇跡の薬か。知られたくないイベルメクチンのすべて
奇跡の薬?知られたくないイベルメクチンのすべて 10月4日 イベルメクチンはCOVID-19を効果的に治療するだけでなく、他のいくつかの病気も治療する。 1970年代後半にメルク社によっ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました