社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】ミシガン州、ペンシルバニア州で、トランプ陣営は2つの勝利を挙げた(ジャストニュース)

政治
スポンサーリンク

ミシガン州議会ですでにトランプ陣営は2勝を挙げた

1勝:ミシガン州議会に(今週水曜日に)公聴会を開くことを決めさせた。

2勝:ペンシルバニア州の裁判所は監査をすべきとの判断をした。

特に、昨日ミシガン州が選挙結果を認めたというマスコミの報道は正しくない。手続き上認めたということに過ぎず、今後は裁判で争われる。

米ミシガン州、大統領選の投票結果を認定 バイデン氏が選挙人獲得
米大統領選で激戦州の一つとなったミシガン州の開票点検委員会は23日、同州での集計結果を正式に認定した。これにより、民主党のバイデン前副大統領が同州の選挙人16人を獲得することが確定した。

なお、すでに(11/20)ミシンガン州を管轄する、第6巡回区控訴裁判所は、民主党に恨みのある保守派のブレット・M・カバノー判事が、

また、ペンシルベニアを管轄する第3巡回区控訴裁判所は、サミュエル・A・アリト・ジュニア判事がアサインされている。

(アリート判事は当初から選挙当日以降の投票用紙は分けて置くようにと選挙管理委員会に指示を出していた)

詳細記事はこちら👇

スポンサーリンク

州議会は公聴会を許可、連邦控訴裁判所は選挙レビューに同意した

ミシガン州下院の公聴会は水曜日に設定され、第3巡回控訴裁判所は迅速な審査を許可します。

トランプ大統領のキャンペーンは、ミシガン州議会議員が選挙の不規則性についての公聴会を開くことに同意し、連邦控訴裁判所がペンシルベニア州でのトランプの法的挑戦を検討するための手続きを促進したため、月曜日にいくつかの主要な激戦州での結果に異議を唱える努力で2勝を挙げたと述べた。

共和党主導のミシガンハウスが水曜日の午前9時に公聴会を開くと述べたトランプキャンペーンの上級法律顧問ジェナエリスによって開発が発表されました。

「私たちは、不正確な選挙結果を証明するために急いでいなかったミシガン州下院議員に感謝します」とエリスはジャストニュースに語った。「彼らが完全な詐欺の範囲を見て、ミシガンと全国で起こった法律を無視すれば、彼らが同じ懸念を共有するだろうと私たちは確信しています。すべてのアメリカ人は真実を知りたいと思うはずです。」

ミシガン州下院議長のリー・チャットフィールド氏は、週末に州が憲法上の危機に向かっていることを恐れていると述べたが、コメントを求める電話をすぐには返さなかった。

一方、月曜日の米国第3巡回控訴裁判所は、トランプ氏の「緊急の迅速な審査を求める動議は裁判所の指示で認められる」との判決を下した。

キャンペーンは月曜日の午後までに最初の概要を提出しなければならず、裁判所は「口頭弁論が望まれるかどうか助言する」と述べた。

トランプキャンペーンは、民主党主導の郡が憲法の平等保護条項に違反する投票に変更を加えたという理由で、ペンシルベニア州で数十万票を投じようとするキャンペーンの訴訟を却下するという米国地方裁判所のマシューブラン裁判官の決定を訴えています。

バラク・オバマ大統領の任命者であるブランは、「何百万人もの市民は言うまでもなく、一人でも投票権を奪う権限はない」と書いた。

彼の判決は、ペンシルベニア州当局が結果を証明する道を切り開いた。エリスは控訴裁判所の介入を応援した。

「迅速な審査を受け入れてくれた第3巡回区控訴裁判所に感謝します」と彼女は言いました。「純粋な政治と司法活動以外に、私たちの修正された訴状を否定する法的理由はありませんでした。これはオバマ氏が任命した裁判官であり、その意見には誤りがたくさんありました。 。アメリカの人々は、私たちが選挙詐欺を示す私たちの証人と証拠を提出することができるに値します—これは選挙の完全性と基本的な公正さの核心です。」(justthenews)

Trump scores two wins as Michigan legislature, federal appeals court agree to election reviews
Michigan House hearing set for Wednesday, and 3rd Circuit Court of Appeals grants expedited review.
スポンサーリンク

トランプ陣営上級法律顧問、ジェナエリス弁護士のツイート

「NEW:2020年の選挙で公聴会を開催するペンシルベニア州、アリゾナ州、ミシガン州の議会 トランプ法務チーム声明」

タイトルとURLをコピーしました