社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ジェナエリス弁護士の引用ツイート記事「アメリカ政府はペンシルバニア州を訴えるべき」「最高裁はそれを拒めない」

政治
スポンサーリンク

ジェナエリス弁護士のツイート

スポンサーリンク

ジェナエリス弁護士た引用ツイートした記事の内容

・最高裁が何を判決しようが、テキサス州民には関係ない。(不利益を被る)
・テキサスがペンシルバニアの不正を裁判官に説明できなかった(不正を説明する機会を与えられなかった)からといって、ペンシルバニアが憲法に違反したとすれば、アメリカ政府が裁判官を説得できなかった(政府が不正を証明できなかった)という意味にはならない。
・よってアメリカ政府はペンシルバニアを訴えるべき。
・アメリカ政府が訴えた場合、最高裁はそれを拒めない

スポンサーリンク

ペンシルバニア州は被害を被った

テキサス対ペンシルベニアを聞くことを拒否することで、合衆国最高裁判所は、その裁判所で最初の訴訟として適切に提起された州間の現実的かつ実質的な論争を解決するという憲法上の義務を放棄した。その結果、裁判所は、これまでにないにしても、何十年にもわたって提起された最も重要な州間の憲法訴訟を回避したとして激しい批判を受けています。

最高裁判所によって与えられた唯一の理由は、「テキサスは、他の州が選挙を行う方法について、司法的に認められる利益を示していない」というものでした。


ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州など、いくつかの主要な州で大統領選挙人が選ばれるプロセスが、1人の候補者を支持してシステムを不正に操作することによって破損した場合、テキサス州民が誰を支持するかはまったく無関係になります。

その政治的現実は、最高裁判所が何を決定したとしても、真の「司法的に認識可能な利益」を提示します。一緒に行動するすべての州からの選挙人が合衆国大統領を選ぶので、ペンシルベニアで起こることはペンシルベニアにとどまりません。(westernjournal.com)

スポンサーリンク

アメリカ政府はペンシルバニアを訴えるべき

選挙人団条項に基づくテキサス州の異議申し立てを最高裁判所に再提出する戦略が存在します。その方法でさえ、その裁判所でさえ検討を拒否することはできませんでした。

ペンシルベニアで起こったことがテキサスを傷つけると裁判官を説得しなかったからといって、ペンシルベニアが合衆国憲法に違反したとき、それが国を傷つけるとアメリカ合衆国が裁判官を説得できなかったという意味ではありません。
したがって、米国はペンシルベニア、ジョージア、ミシガン、ウィスコンシンに対して訴訟を起こすことができ、またそうすべきです。

以前にテキサスによって提起された同じ訴訟が現在アメリカ合衆国によって提起された場合、最高裁判所はそれを聞いて有利に決定しなければならないことを理解せざるを得ないと信じるに足る理由があります。(westernjournal.com)

TWJ Exclusive: The New Legal Memo Giving Trump Supporters Hope This Christmas
What happens in Pennsylvania does not stay in Pennsylvania, as electors from all States acting together select the President of the United States.

 

タイトルとURLをコピーしました