社会の話題と反応を発信していくネットメディア

正体を現した似非保守ニューヨークポスト/トランプ大統領に敗北宣言を迫る

政治

NYPが正体を現しました。
・当サイトはNYPの記事を引用、紹介したことがありますが、それはほとんどハンターバイデンスキャンダルです。

・その後、NYPが積極的に不正をスクープしたり、積極的にトランプ大統領を応援してきたということはありません。(トランプ支持のイメージはまったくありません)

・真の保守メディアは今のところ、NEWSMAX、OAN、EPOCHTIMES、GATEWAYPUNDITです。

・これだけ溢れかえる不正を目の前に、「不正はなかった」と言っている時点でメディアとして終わっています。

・事実PA州は投票が20万票も有権者より多く、MI州では一部州の最高裁が不正を認めています。

・マコーネル上院院内総務、NYP、これからもこういった手合が出てくると思います。大統領選は真の愛国者が誰かを見極めるリトマス試験紙です。

・こういう輩が出てくれば出てくるほど、トランプ大統領は大統領令、場合によっては戒厳令という伝家の宝刀を抜く可能性が強くなります。私見ですが、1月6日にペンス副大統領が選挙人を拒否するかはあまり重要視していません。あくまでもラトクリフ報告が出てからの(すでにトランプ大統領の手元にあると思います)、大統領令です。

・12月23日にトランプ大統領と話し合ったマストリアーノ上院議員、「トランプ大統領は選挙について解決し決定した。これ以上決意した人を見たことがない」

記事はこちら👇

スポンサーリンク

正体を現したNYP

ポストは言う:あきらめなさい、大統領、あなたのためにそして国のために

大統領、この暗いシャレードを終わらせる時が来ました。

私たちは、私たちの国の次の4年間の非常に重要な瞬間から1週間離れています。

1月5日、ジョージア州での2回の決選投票で、どちらの政党が上院を支配するかが決まります。ジョー・バイデンがゴム印を付けるか、彼の議題に待望のチェックをするかです。

残念ながら、あなたは翌日1月6日、議会がプロフォーマアクションで選挙人団の投票を証明することに夢中になっています。あなたは、共和党員が「勇気」を持っている限り、彼らは結果を覆し、あなたにさらに4年間の任期を与えることができるとツイートしました。

言い換えれば、あなたは非民主的なクーデターを応援しているのです。

あなたには選挙を調査する権利がありました。

スポンサーリンク

不正はなかった、シドニーパウエルは頭がおかしい、フリンは恥ずかしいというNYP

しかし、はっきりさせておきましょう。これらの努力は何も見つかりませんでした。ほんの2つの例を挙げると、キャンペーンはウィスコンシン州の2つの郡での再集計に300万ドルを支払い、さらに87票を失いました。ジョージア州は、バイデンの勝利を確認するたびに、州について2回の再集計を行いました。これらの投票は手作業で数えられ 、それだけでベネズエラの投票を操作するクラーケンの陰謀の主張を暴く。

シドニー・パウエルは頭がおかしい人です。戒厳令は反逆に等しいと示唆しているマイケル・フリン。恥ずかしいです。

スポンサーリンク

これまで支持してきたというNYP

大統領、あなたが失ったことに腹を立てていることを私たちは理解しています。しかし、この道を進み続けることは破滅的です。

私たちはこれをあなたを支持し、あなたを支持した新聞として提供します:あなたがあなたの影響力を固めたいなら、将来の復帰のための準備さえしたいなら、あなたはあなたの怒りをより生産的な何かに向けなければなりません。

スポンサーリンク

1月6日は考えるな1月5日の上院選を考えろというNYP

トランプ大統領、あなたの遺産は安全です—「盗まれた選挙」のレトリックを止めてください
1月6日について考えるのをやめなさい。1月5日について考え始るべき。

共和党のデイビッド・パデューとケリー・レフラーが勝利した場合、彼らはバイデンがあなたが達成したことをロールバックするのを防ぎます。共和党上院は、バイデンに古い失敗したイランの取引に戻るよう圧力をかけることができ、彼が私たちの南の国境を開くのを止めることができ、彼が最高裁判所を詰めることを防ぐことができます。

(以下略)

The Post says: Give it up, Mr. President — for your sake and the nation’s
Mr. President, it’s time to end this dark charade. We’re one week away from an enormously important moment for the next four years of our country. On Jan. 5, tw...続きを読む
スポンサーリンク

嬉々として取り上げる日刊スポーツ

トランプ支持の米紙、1面で敗北を認めるよう迫る - 社会 : 日刊スポーツ
トランプ大統領支持で知られる米紙ニューヨーク・ポストが28日付の1面に「大統領、狂気を終わらせて」との見出しを掲げ、敗北を認めるよう厳しく迫った。社説で、大統… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

日刊スポーツはこれまで、大統領選を取上げもしなかったのに、こういう記事だけ嬉しそうに取り上げる。日本のメディアは腐っていますが、日刊スポーツなどはその最たるもの。それもそのはず、wikipediaによれば、

日刊スポーツは、朝日新聞社と関係が強く、日刊スポーツ新聞西日本の前身会社となる名古屋日刊スポーツ新聞社・大阪日刊スポーツ新聞社・西部日刊スポーツ新聞社の歴代社長は、全て朝日新聞社出身である。
沖縄タイムス社は朝日新聞社と報道協定を結ぶなど協力関係にあり、沖縄版の現地印刷・発行の委託を開始するなど、事実上のフランチャイズ契約を結んでいる。
タイトルとURLをコピーしました