社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ペンス副大統領は1月6日に選挙人団を受け入れる可能性が大/その場合トランプ大統領は大統領令を出す

政治
・ゴーマート議員たちが共和党の選んだ選挙人団を受け入れるべきと訴訟を起こしたが、ペンス副大統領はそうしない可能性が大
・事前の協議でゴーマート議員とペンス副大統領は合意しておらず、その結果ゴーマート議員が訴えを起こした
・法学者の中では上院議長がそのような絶対的権限を持つことに様々な意見がある

訴えを起こしたニュース↓

JUST IN: GOP lawmaker sues Pence, tells VP to pull #PenceCard and overturn election | The Election Wizard | The #1 Source for Populist News & Wizardly Takes
December 28, 2020 WASHINGTON — Vice President Pence was sued Sunday by Rep. Louie Gohmert (R-Texas) and several other Republicans in an attempt to force Pence t...続きを読む
スポンサーリンク

ペンスは、訴訟前の選挙人団の投票でルイー・ゴーマートに同意しなかった(thegatewaypundit)

2020年12月29日

マイク・ペンス副大統領がルイ・ゴーマート下院議員に訴えられる前に、彼らの弁護士は会い、選挙人団がどのように正式に受け入れられるかについて双方は意見が一致しなかった。

会談後、ゴーマート議員はペンス副大統領を訴え、マイク・ペンスは2020年の盗まれた選挙で大量の詐欺があったため、スウィングステートのアリゾナ、ジョージア、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンから競合するスレートを選ぶべきだと主張した。

明らかに、マイク・ペンスは政治から抜け出すことに興味を持っています。
トランプの有権者は、この国と大統領へのそのような裏切りを決して忘れません。(thegatewaypundit)

WHAT A DISGRACE: Pence Disagreed with Louie Gohmert on Electoral College Vote Before Lawsuit
Before Vice President Mike Pence was sued by Representative Louie Gohmert their lawyers met and the two sides disagreed about how the Electoral College is forma...続きを読む
スポンサーリンク

ペンスは選挙人票のカウントについてゴーマートに同意しなかった(electionwiz.com)

2020年12月29日

マイク・ペンス副大統領が共和党議員のルイー・ゴーマートに訴えられる前に、彼らの弁護士は選挙人団の投票が正式に受け入れられる方法について意見が一致しない非公開の会議を開いた。

ルイー・ゴーマート議員は、ペンスがスウィングステートからの民主党の選挙人を拒否することにより、ドナルド・トランプ大統領に第2期を渡す力があると主張し、テキサス州タイラーの連邦裁判所での火曜日の提出で失敗した会談を説明した。ゴーマートは、水曜日の夕方までに訴訟に対応するよう副大統領と米国司法省の弁護士事務所に要求する裁判所命令を求めています。

上院と下院は1月6日に合同で会合し、選挙人票の証明書を開いて数えます。副大統領は、選挙人団の投票の正式な承認を監督することを伝統的に含む上院を主宰する憲法上の役割を担っています。

ゴーマートの火曜日の提出はまた、米国地方裁判所の裁判官に、迅速な控訴のための時間を与えるために、1月4日までに事件と判決を早めるよう求めた。

スポンサーリンク

事前交渉は決裂していた

火曜日の提出によると、ゴーマートの弁護士は、訴訟を起こす前に、副大統領の顧問事務所に電子メールで彼の法的議論の概要を説明し、最終的にペンスの弁護士と電話で会議を開いた。

「電話会議では、原告の弁護士は、当事者が同意しなかった場合に原告が即時の差し止めによる救済を求めることを意図していることを副大統領の弁護士に助言することを含め、合意によって根本的な法的問題を解決する有意義な試みをしました」とゴーマートは述べました。「これらの議論は合意に達することに成功せず、この訴訟が提起されました。」

ゴーマート氏はまた、ペンスの弁護士が訴訟を起こした後、国会議員が電子メールで正式に訴訟を起こすことを許可することにより、訴訟を促進するよう説得できなかったとも述べた。

要点:ゴーマートが彼の訴訟を起こす前に、彼の弁護士は選挙人票がどのように数えられるかについての「根本的な法的問題」についてペンスの法務チームとの合意を打ち出そうとしました。しかし、ゴーマートの弁護士によると、両者は合意に達することができなかった。そこでゴーマートはペンスを訴え、ゴーマートが正しいと信じる方法で投票を数えるように強制した。(electionwiz.com)

Pence Disagreed with Gohmert on Counting Electoral Votes | The Election Wizard | The #1 Source for Populist News & Wizardly Takes
Before Vice President Mike Pence was sued by Republican congressman Louie Gohmert, their lawyers held a private meeting in which they disagreed about how the El...続きを読む
スポンサーリンク

国家情報庁(DNI)のジョンラトクリフ長官は何度も中国からの選挙干渉があったと語っている

12月17日

CBSレポーター: ラトクリフは選挙詐欺と干渉について何と言いましたか?

キャサリン・ヘリッジ: そうですね、DNIラトクリフは『17の諜報機関を率いており、米国政府が保有する最も機密性の高い情報にアクセスできます。そして彼はCBSニュースに今年の11月に中国、イラン、ロシアによる外国の干渉があった』と語り、彼は1月」にそれらの調査結果に関する公開報告を期待している。

先週の土曜日に気づかなかったのは、国家情報長官(DNI)のジョンラトクリフが本日、陸海軍のフットボールの試合でトランプ大統領に加わったことです。(100percentfedup.com)

記事はこちら👇

ラトクリフ長官の正式報告は延びているが、レポートはすでにトランプ大統領の手にある。

スポンサーリンク

ラトクリフ報告はすでに出されている

非常に少数の人が気付いている舞台裏で多くのことが起こっているかもしれません。時が教えてくれる。
大統領が大統領命令を発令し、DNI(ラトクリフ国家情報長官)が2020年の選挙における選挙干渉の報告を外国の情報源から提供することを義務付け、次に司法長官がこの干渉に対処する方法に関する報告を提供することを義務付けられたことを私たちは知っています。

ラトクリフの報告は1週間前に提出されたものであり、またそれ以前に提供された可能性があります。AG(司法省)の報告書はすでに大統領に提供されている可能性があります。(Thegatewaypundit)

スポンサーリンク

フリン将軍は外国の諜報機関は米国の選挙を監視しており、トランプに情報を提供する用意があると語っている

元国家安全保障顧問のマイケル・フリン氏は、外国の諜報機関が11月3日の米国選挙を監視しており、ドナルド・トランプ大統領に証拠を提供する用意があるという情報を提供されたと述べた。

「私たちは今、外国の証拠を持っています…11月3日の選挙制度、選挙プロセスへの攻撃を見ていました」とフリンはフォックスビジネスに語った。

記事はこちら👇

トランプ大統領は最後まで平和的な解決を模索していたが、もし、最後の切り札(ペンスカード)が不発なら大統領令を発動する。

「ドナルド・トランプは共和国を偉大な状態に戻し、伝説になりたいですか? ドナルド・トランプは、史上最高のリーダーの一人として永遠に知られることを望んでいますか? EO13848(大統領令)はトランプのルビコンです」

タイトルとURLをコピーしました