社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ナンシーペロシはなぜ慌てているのか/カマラハリスはなぜ上院議員を辞任しないのか

政治
スポンサーリンク

ペロシはなぜ慌ててトランプ大統領を罷免しようとするのか

ペンスに罷免させるべく、電話をするが待ちぼうけを喰らうペロシ

「ジャストイン-ペロシは今朝、副大統領マイク・ペンスに電話して、トランプ大統領を解任するよう促そうとした。彼女はペンスが彼女の電話に出ないだろうと言われる前に25分間保留にされました(CNN)」

スポンサーリンク

ペンス氏は憲法修正25条発動によるトランプ氏罷免に反対

ペンス米副大統領は、トランプ大統領の罷免に向けて合衆国憲法修正25条を発動(*1)することに反対している。ビジネス・インサイダーとニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。

6日に起きたトランプ氏支持者による連邦議会議事堂の占拠を受け、民主党と一部の共和党議員らは、修正25条を発動してトランプ氏を罷免するよう政権当局者に要求。ペロシ下院議長やシューマー上院院内総務ら民主党指導部は、25条の発動がなければ弾劾(*2)も辞さない構えを示している。

ペンス氏、憲法修正25条発動によるトランプ氏罷免に反対=報道
ペンス米副大統領は、トランプ大統領の罷免に向けて合衆国憲法修正25条を発動することに反対している。ビジネス・インサイダーとニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。

ちなみに、ペンスは修正25条発動(*1)による罷免に反対しているだけで、トランプ大統領の弾劾(*2)に反対しているとは言っていません。

スポンサーリンク

なんで弾劾するのか、意味不明。あと2週間待てばバイデン政権になるのでは?(ならんけど)

及川さんのツイート

スポンサーリンク

上院議席を辞職しないカマラハリス

彼女は上院議席を辞任した?中共に聞いてみよう

スポンサーリンク

罷免と弾劾

(*1)ペロシが主張する大統領の罷免手続き

修正第25条、第3、4節:大統領の職務不能
第4節はこれまで一度も発動されたことのない唯一の規定である。ここでは副大統領が「行政各部の長官ないし他の連邦議会が法律で定める機関の長の過半数」(すなわち閣僚の過半数)と共に、大統領の執行不能を宣言できるとしている。第3節と同様に、副大統領は大統領代理を務めることになる。最も起こりそうなシナリオ、かつ第4節の主要な目的は、大統領がその権限と義務の遂行を行えないことと、そのことについて文書による申し立てを行えないことの両方になる無能力状態である。

しかし、大統領が能力があり意識がある場合でも、国の安全を脅かす狂気であるとか感情的不安定というような、長官の過半数が医学的無能以外の根拠を見出せば、そのような宣言を作成することは可能である。大統領は上院の臨時議長および下院議長に対し、文書による申し立てを行えば、その任務の遂行を再開できる

(*2)通常の大統領罷免手続き
下院が単純過半数の賛成に基づいて訴追し、上院が裁判し、上院出席議員の2/3多数の賛成で弾劾を決定する。しかしイギリスとは異なり、刑罰を科すことはなく、罷免するのみである。また弾劾裁判の対象に、国家元首である大統領も含まれている点に特徴がある。

スポンサーリンク

参考記事

 

タイトルとURLをコピーしました