社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アメリカ、国連大使の台湾訪問をキャンセル/2つの可能性

政治
スポンサーリンク

米国はバイデンの移行を理由に国連使節の台湾訪問をキャンセルします

台北は「理解と尊敬」を表現するだけでなく、後悔も表現しています
2021年1月13日09:10JST
ニューヨーク/ワシントン(ロイター)-今週の米国務省によるすべての旅行のキャンセルには、国連ケリークラフト米国大使による台湾への計画された訪問が含まれている、と国務省のスポークスマンは火曜日に言った。

クラフトは水曜日から金曜日まで台湾を訪問する予定であり、中国はワシントンが火遊びをしていると警告した。

スポンサーリンク

ポンペオ国務長官もヨーロッパ訪問をキャンセル

マイク・ポンペオ国務長官は火曜日に、次期バイデン政権への移行の一環として、彼自身のヨーロッパへの旅行を含め、今週のすべての旅行がキャンセルされたと述べた。

ヨーロッパの外交官やこの問題に詳しい他の人々は、ルクセンブルクの外相と欧州連合の最高幹部は、今週予定されているヨーロッパ旅行中に彼と会うことを拒否したと述べた。

クラフトの台湾旅行は、ポンペオとドナルド・トランプ大統領の共和党政権が、民主党のジョー・バイデン大統領が1月20日に就任する前に、中国への厳しいアプローチを封じ込める取り組みのもう1つの部分のようでした。

台湾政府はこの決定に対して「理解と敬意」を表明したが、後悔も表明した。

「外務省は、ケリー・クラフト米国大使が予定通り1月13日から15日まで台湾を訪問する代表団を率いることができないことを遺憾に思うが、クラフト大使が将来の適切な時期に訪問することを歓迎する」と述べた。声明の中で。

スポンサーリンク

中国は訪問について反対

中国は、訪問に固く反対していると述べた。ニューヨークでの国連への中国の使命の代表は、ワシントンに中国と米国の間の関係のための「障害を作ること」をやめるように促した。

中国の代表は、「特定の人々の狂った、不合理な行動が止まる時が来た」と述べた。

自治島を自治領と主張する北京は、米国の高官による台北への旅行を含む、トランプ政権からの台湾への支援の強化に怒り、中米関係をさらに緊張させている。ポンペオ氏は土曜日、米国当局者と台湾当局者との接触の制限を解除すると述べた。

中国の戦闘機は、最後の2回の訪問中に、それぞれ8月と9月に島に接近しました。米国保健福祉長官のアレックス・アザールと米国国務次官補のキース・クラクです。

米国は、ほとんどの国と同様に、台湾と正式な外交関係を持っていませんが、1979年の台湾関係法に基づいて台湾に防衛手段を提供する義務を負っており、台湾で最も強力な国際的支援および武器供給国です。(asia.nikkei.com)

US cancels UN envoy's trip to Taiwan citing Biden transition
Taipei expresses 'understanding and respect' but also regret
スポンサーリンク

ポンペオ国務長官はベルギー訪問をツイートしていた

米国とベルギーの間の深く永続的なパートナーシップを再確認するために、1月13日から14日にブリュッセルへの私の次の旅行を楽しみにしています。

スポンサーリンク

ポンペオ米国務長官は10日、台湾との接触規制を撤廃し 「北京への配慮はもうしない」と発表している

2021年01月10日 17時00分

マイク・ポンペオ米国務長官は1月9日、台湾当局者との接触を制限する国務省の「自主規制」を撤廃すると発表した。この発表は、台米間の関係が深まる新たな流れを示した。

ポンペオ長官は声明の中で、外交や軍事、その他の当局者と台湾当局者との交流を数十年にわたって規制してきた「複雑な内部制約」を取り除いたと述べた。

「米政府は北京の共産党政権をなだめるために一方的にこれらの行動をとった」とし、「もうしない」と強調。

記事はこちら👇

スポンサーリンク

2つの可能性

・1つは本当にバイデン就任にともなう訪問の取りやめ

・1つは「Dデイ」に備えた訪問の取りやめ(台湾も欧州も)

タイトルとURLをコピーしました