社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領、「重大な悪意のあるサイバー対応活動に関して国家緊急事態に対処するための追加の措置を講じる」大統領令発行

政治
スポンサーリンク

重大な悪意あるサイバー攻撃への対処についての大統領令

国家安全保障補佐官ロバートC.オブライエンからの声明

国家安全保障と防衛: 2021年1月19日
本日、ドナルドJ.トランプ大統領は、米国のIaaS(Infrastructure as a Service)製品の長年にわたる重要なセキュリティの抜け穴を塞ぐ大統領令に署名しました。悪意のある行為者が当社の情報技術および通信およびサービス(ICTS)サプライチェーンに侵入するのを防ぐためのトランプ政権の前例のない行動に基づいて、この大統領令は、「重大な悪意のあるサイバー対応活動に関して国家緊急事態に対処するための追加の措置を講じる」悪意のある行為者が米国のICTS製品に悪意のある目的でアクセスして使用する能力を低下させます。

スポンサーリンク

知的財産や機密データの盗難の措置を講じる

外国の悪意のあるサイバー攻撃者は、知的財産や機密データの盗難を通じて、また米国の重要なインフラストラクチャを標的にすることによって、私たちの経済と国家安全保障を脅かしています。米国のIaaS製品にアクセスすることで、外国の攻撃者は米国のイノベーションの成果を盗み、匿名で米国の重要なインフラストラクチャに対する破壊的な攻撃に備えることができます。米国のIaaS製品の悪意のある攻撃者による悪用は、過去4年間のすべてのサイバーインシデントで役割を果たしてきました。これには、米国企業のFireEyeやSolarWindsの侵入につながるアクションも含まれます。

大統領による今日の行動は、私たちの国のネットワークの擁護者と捜査官に、私たちに危害を加えようとする人々からアメリカ人を保護する上での利点を与える大きな前進です。

スポンサーリンク

参考記事

 

 

タイトルとURLをコピーしました