社会の話題と反応を発信していくネットメディア

コロナワクチン関連/フロリダの介護施設の2/3がワクチンを打たない/「2回目投与後80%が全身に副作用の質問にビルゲイツタジタジ」/

スポンサーリンク

フロリダのナーシングホームスタッフのほぼ3分の2が、最初のラウンドでコロナウイルスワクチンを拒否

フロリダ州緊急事態管理局によると、フロリダ州のナーシングホーム労働者の約3分の2は、施設の最初のショットでコロナウイルスの予防接種を受けないことを選択しました。(tampabay)

Nearly two-thirds of Florida nursing home staffers decline coronavirus vaccine in first round
The percentages are similar for staff of the state’s assisted-living facilities, but not all of those homes have received first-round vaccinations.
スポンサーリンク

2回目のワクチンで80%の人が副作用

 

スポンサーリンク

スイスはビルゲイツを真っ向から否定

英オックスフォード大学とアストラゼネカ社が共同開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンに対して、スイス政府は承認を拒否した。ヨーロッパの国々のうち 使用承認を拒否した国はスイスが初めてである。

スイスの医薬品許可局であるSwissmedicは、アストラゼネカ社のワクチンに対して使用承認をしないことを明らかにしたと、英国経済紙のファイナンシャルタイムズ(FT)が3日(現地時間)報道した。(wowkorea.jp)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

ビルゲイツが設立した財団

ゲイツが妻と設立した慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」は、コロナとの戦いに巨額の資金を注ぎ、モデナ社とアストラゼネカ社のワクチンや治療法の開発を支援してきた。
1月27日に開示された財団の年次書簡の中で、ゲイツは将来のパンデミックに備えるための世界的な努力が必要だと述べ、「その脅威を、戦争の脅威と同じレベルの深刻さで受けとめる必要がある」と主張した。

ゲイツは、次のパンデミックが発生する前に、世界が「メガ診断プラットフォーム」を開発し、世界人口の20%を毎週テストできる体制を整えることを望んでいると述べた。彼はまた、感染力の強い病原体をいち早く検出し警告を発する、世界的な「パンデミック・アラートシステム」が必要だと主張した。(forbesjapan)

ビル・ゲイツがワクチンの「狂った陰謀論」を改めて否定
マイクロソフトの共同創業者でビリオネアのビル・ゲイツは、パンデミックを受けてSNS上で拡散した、彼に関する陰謀論の多さに「非常に驚いている」と述べ、ワクチンの普及の妨げになりかねない誤情報への懸念を示した。ゲイツは1月27日のロイターの取材
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました