社会の話題と反応を発信していくネットメディア

弾劾裁判に対する第45代アメリカ合衆国トランプ大統領の答弁書/(超意訳)「第45代大統領は現在の大統領でない以上、大統領として罷免できるわけねーだろ、頭大丈夫か?!」

政治

第45代トランプ大統領の答弁書です。表題の「 」内は当サイトの心の声であり、答弁書に記載されているわけではありませんので、ご了承ください。

スポンサーリンク

弾劾裁判に対するトランプ大統領の答弁書(抜粋)「敬意を表して答えるが心の中では馬鹿にしているけど」

第 45 代アメリカ合衆国大統領ドナルド・ジョン・トランプの第 1 条:保険の共犯化に対する回答
申し上げます。高潔な合衆国上院議員の皆様
第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・ジョン・トランプは、弁護人のブルース・L・キャスター・ジュニアおよびデイビッド・ショーンを通じ、ここに、アメリカ合衆国下院から提訴された弾劾条項に対して、申し立てを8つの主張に分割して、敬意を表してこれに答える。

スポンサーリンク

第45代大統領は現在の大統領ではないので、弾劾の上で罷免されなければならないというのは不可能「普通に考えればわかるだろ!」

答弁書 1.
一部認め、上院の前で適切に行われている事項とは関係がないとして否認 答弁書1の憲法規定が正確に再現されていることは認める。引用された規定は、第45代米国大統領がもはや “大統領 “ではないので、現在適用されているものであることは否認する憲法規定は、弾劾されるためには、実際に在職していなければならない。第45代大統領はもはや「大統領」ではないので、「弾劾の上で罷免されなければならない」という条文は、「弾劾の上で罷免されなければならない」という意味では不可能である。

スポンサーリンク

第45代大統領の任期が満了した大統領を解任することができない「どんな頭してるんだ!」

答弁1
憲法の明白な言葉に明らかに反する法的無効性として、上院が達成すべきことであり、したがって、上院の前の現在の手続きは、第一原理的に無効である。憲法第一条第三項は、「弾劾の場合の判決は、職を追われ、名誉ある地位を保持し享受する資格を失う以上のものであってはならない」と規定している。(強調)。大統領の上院による罷免が前例となっているので
第45代大統領の任期が満了した大統領を解任することができないという事実は、上院が現在のところ上院のいかなる問題とも無関係であることを意味している。

スポンサーリンク

反乱に関与したことは否定されている「ちゃんと調べろよ」

答弁2.
部分的に認められ、部分的に否定され、上院の前の適切な問題に関連していないとして否定された。憲法修正第14条第3項のフレーズが、答弁書2で正しく複製されていることは認められる。第45代大統領が米国に対する反乱や反乱に関与したことは否定されている。第45代大統領は、私人として上院は大統領の職権を管轄しておらず、上院がこの主張に基づいて行動を起こすことは、第1条第9項に違反する「権利取得請求書」を構成することになると信じており、したがって、上院は大統領の職権を保持する権限を有していないと主張している。I, Sec. 3に違反しています。3に違反しています。

スポンサーリンク

公職宣誓に違反したことなどない。それどころかこれだけ憲法を守り完璧に職務を全うした人物はいない「オバマやビルやバイデンと比べてみろ」

答弁3.
否認し、上院で適切に審議されている事項とは無関係である。第45代アメリカ合衆国大統領が公職宣誓に違反したことは否定されている。それどころか、ドナルド・J・トランプ氏は、常に米国大統領としての職務を完全かつ忠実に遂行し、常に米国憲法を守り、守り、守るために最善を尽くして行動しており、その一方で、高額な犯罪や軽犯罪に関与したことはありません。

スポンサーリンク

第45代大統領はもはや大統領ではない。「何度言ったらわかるんだ」

第45代大統領はもはや「大統領」ではないので、上記のアベレージメント1で言及されている「弾劾により罷免される」という条項は不可能であり、現在の上院での手続きは、憲法の明白な文言に明らかに反する法的無効として、第一原理的に無効である。第45代大統領はもはや就任していない役職から解任されることができないため、現在の手続きは無意味であり、したがって無効であるため、アベルメント3は、上院の前に適切に行われているいかなる問題にも無関係である。

スポンサーリンク

選挙結果を疑わしいと言ったことは認める。しかし、それを裏づける十分な根拠は存在しない。「証拠を提示しようとしたら逃げたのは民主党と裁判所だろ」

答弁4.
一部を認め、一部を否定し、上院の前で適切に行われているいかなる事項とも無関係であるとして否認する。2021年1月6日に議会の合同会議が副大統領、下院、上院と会合を開き、選挙人投票所の投票数を数えたことは認められる。


11月の選挙後、第45代大統領は憲法修正第1条の権利を行使し、選挙結果が疑わしいとの信念を表明したことが認められています。 第45代大統領の発言が正確であったかどうかを合理的な陪審員が結論づけることができる十分な証拠が存在しないので、彼はそれらが虚偽であったことを否定します。他のすべてのアメリカ人と同様に、第45代大統領は第1条の規定によって保護されています。

以下14ページに及びますが、以上で十分だと思いますので、このあたりで止めにします。

「つまるところ、「第45代大統領は現在の大統領ではない」

なお、全文(英語版)はこちらになります。ご興味のある方は。

スポンサーリンク

口直しに、第45代大統領のメディア広報担当部長ダン・スカビーノ氏の昨日のツイートを

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました