社会の話題と反応を発信していくネットメディア

北京はバイデン政権に中国共産党の規則に従うように命じる/チベット、新疆ウイグル自治区問題への干渉をやめろ

政治
スポンサーリンク

北京はバイデン政権に中国共産党の規則に従うように命じる

中国の最高外交官楊潔琳(ヤン)は、2月1日の夕方の30分間の演説で、バイデン政権に北京の「レッドライン」を越えないよう警告した。

「米国は香港、チベット、新疆ウイグル自治区の問題への干渉をやめるべきだ」とヤン氏は述べ、中国の3つの地域に関する問題を「内政」と呼んだ。彼は、ニューヨークを拠点とする非営利団体である米中関係全国委員会が主催する仮想イベントで講演しているときに発言しました。

スポンサーリンク

不法侵入は米中関係の利益を損なうと恫喝

ヤンは次のように付け加えました。「それらは交差してはならない赤い線を構成します。不法侵入は、米中関係と米国自身の利益を損なうことになります。」

彼はまた、北京がその領土の一部であると主張する自治島である台湾に関して、「一つの中国の原則を厳守する」べきであると米国に語った。

トランプ政権は人権侵害で中国に直面法輪功の信奉、Hongkongers、イスラム教徒の少数民族、チベット人、ウイグル人とビザの制限と制裁に対する中国共産党虐待の責任(CCP)とした。

さらに、元米国務長官のマイク・ポンペオは 先月、CCPによるウイグル人と他の多数派-イスラム教徒の少数民族に対する迫害を大量虐殺と「人道に対する罪」として指定した。

スポンサーリンク

南シナ海、台湾などの問題を内政として片付けようとするCCP

中国政権は、南シナ海での軍事化努力や台湾に対する強制戦術などの特定の問題は「内政」であると主張することにより、自国の政策に対する国際的な批判をしばしばそらしている。

ヤン氏は、バイデン政権に対し、米中関係を「予測可能で建設的な発展の道筋」に「回復」するよう求めた。

彼は、麻薬管理やサイバーセキュリティなど、両国が協力できると述べた分野に名前を付けました。

ヤン氏はまた、トランプ政権を批判し、両国が外交関係を樹立して以来、その「誤った政策」が二国間関係を「最も困難な時期」に導いたと述べた。彼の演説は、米国が「赤線」を越えないことを約束すれば、中国政権が譲歩する意思があることを示していると読むことができます。

結局、唐氏は、中国政権が交渉中に「人権と商取引が互いに切り離されていた時代に戻り」、人権問題を無視しながら米国との取引を継続できるようにしたいと考えている。(theepochtimes)

Beijing Tells Biden Administration to Play by the CCP's Rules
China’s top diplomat Yang Jiechi warned the Biden administration not to cross Beijing’s “red line” in a half-hour ...
スポンサーリンク

ポンペオ国務長官はCCPがウイグル人への迫害をジェノサイドと認定

「私は、中華人民共和国がウイグル人イスラム教徒や他の民族的および宗教的マイノリティグループのメンバーを標的として、中国の新疆ウイグル自治区で大量虐殺と人道に対する罪を犯していると判断した」
「これらの行為は、中国の人々とあらゆる場所の文明国にとっての侮辱です。中華人民共和国と中国共産党は責任を問われなければならない」

スポンサーリンク

トランプ政権の功績でブリンケン国務長官も対中強硬路線を維持/ウイグル人への迫害をジェノサイドと決定

2021年01月21日 16時44分
米バイデン新政権で国務長官に就任したアントニー・ブリンケン氏(58)は19日、上院外交委員会の指名承認公聴会に出席した。ブリンケン氏は、トランプ政権時代の対中強硬姿勢は「正しい」と語り、ポンペオ前長官が中国共産党によるウイグル人への迫害を「大量虐殺(ジェノサイド)」と決定したことにも支持を示した。

同氏はオバマ政権で国務副長官を務めたほか、外交分野で多くの役職を歴任した。ブリンケン氏の見解から、バイデン政権は前政権の対中強硬路線を維持する可能性がある。(epochtimes)

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました