社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】記者を脅迫したバイデンの補佐官が急遽辞任!/処分の軽さ(1週間の停職)への非難に耐えきれず

政治
スポンサーリンク

記者脅迫のバイデン補佐官、急遽辞任

・本人の声明

私の後悔、恥ずかしさ、自分の行動への嫌悪感は言葉では言い表せません。私は女性が誰からも聞いてはいけない言葉を使いました特に彼女が仕事をしようとしている状況で それは忌み嫌われ、失礼で、受け入れがたい言葉でした。
ホワイトハウスの同僚やバイデン大統領を困らせ、失望させてしまったことに打ちのめされ、今夜、ホワイトハウスのコミュニケーションリーダーと話し合った結果、私は職を辞し、休職から復帰するつもりはありません。
これはひどいことだったと知っています。元には戻せません しかし、私はこの事件から学び、より良い行動ができることも知っています。この事件は私の人間性を代表するものではありません。私の許せない行動のせいで失望させてしまった皆さんの信頼を取り戻すために、決意を新たにします。

スポンサーリンク

ホワイトハウス、サキ報道官発表

ホワイトハウス
ワシントン
2021 年 2 月 13 日 各 位
ジェン報道官の声明
プサキ
我々は今晩、TJダックロ氏との話し合いの結果、辞任を受け入れました。この話し合いは、ホワイトハウスのチーフ・スタッフの支援を受けて行われました。私たちは、言葉と行動を通じて、尊厳と敬意をもって、礼節をもって、他者を大切にするという大統領が定めた基準を満たすために、日々努力していきます。

スポンサーリンク

バイデン補佐官は彼の関係についての物語を追求しているポリティコ記者を脅迫していたが、ホワイトハウスは彼をかばい非難轟々だった

バイデンの補佐官TJドゥックロはAxiosのレポーターであるAlexiMcCammondと付き合っていた。ポリティコの記者のタラ・パルメリがその関係についての話を聞こうとしたら、「破壊する」「お前を潰してやる」と脅した。(vanityfair)

スポンサーリンク

ホワイトハウス、サキ報道官は当初

・謝ったからもういいでしょ!

TJ ドゥックロは記者に謝罪し、彼は彼の個人的な生活について白熱した会話をしました。彼はこれが大統領によって定められた行動の標準ではないことを認めた最初の人です。

・謝罪のメモも送ったしもういいでしょ!

「彼の最初の謝罪に加えて、彼は記者に彼の深い後悔を表現する個人的なメモを送った」

・1週間も無給の厳罰だし、もう脅迫した記者と一緒に働くようにはしないからいいでしょ!などと、うそぶいていた。

「ホワイトハウスの首席補佐官の承認を得て、彼は無給で1週間の停職処分を受けました。さらに、彼が戻ったとき、彼はもはやポリティコの記者と一緒に働くように割り当てられません」

スポンサーリンク

Twitter上の声

ホワイトハウス、TJドゥックロの辞任発表

ジェナ・エリス弁護士

ホワイトハウスは、TJドゥックロが辞任したと言います。 「今夜、TJドゥックロと話し合った後、辞任を受け入れました」とジェンサキは言います。参謀長の支援を受けて、「大統領が定めた基準を満たすために日々努力している」とのこと。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました