社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「自称女子」を女子競技に参加させるバイデンの大統領令を4つの州が拒否/さらに5州も検討中

スポンサーリンク

トランスジェンダーのアスリートが性同一性に基づいて競争することを禁止する4つの州の法律

報告によると、4つの州が、トランスジェンダーの学生アスリートが「特定する」カテゴリーで競争することを禁止する法律を推進している。

たとえば、ミシシッピ州上院議員は、「ミシシッピ公正法」を州議会議事堂に送って検討するために、上院法案2536を圧倒的に可決したとニューヨークポスト紙は報じた。

この法案は、アスリートが生物学的性別に対応するカテゴリーでのみ競技することを制限します。

法案のスポンサーである共和党上院議員のアンジェラヒルは、「州全体で多数のコーチから電話があり、ミシシッピ州での政策の必要性を感じていると考えています。上院で、メディアに語った。

同様に、ノースダコタ州議会は今週、競合他社を生物学的性別カテゴリーに制限する法案を可決しました。ノースダコタ州の法案は、承認された場合、州議会と知事の机に向かいます。

スポンサーリンク

女子は女子と競うべき

「これは、女子が女子と競争し、機会均等を確保し、女の子のスポーツで平等な競技場を維持することについてです」と、キャシー・スクロッチ議員はグランドフォークスヘラルドに語った。

Skrochはまた、この法案は「50年の進歩と差別からの女性の保護」を保証すると主張した。

一方、テネシー州下院は最近、トランスジェンダーのアスリートを同様の生物学のアスリートとのみ競争するように制限する独自の法案を可決しました。ユタ州はそのような法案の独自のバージョンでこれらの他の3つの州に加わった。

スポンサーリンク

他の5州も法律を検討

ますます多くの他の州も同様の法律を検討しています。他の州には、オクラホマ、サウスカロライナ、ケンタッキー、ニューハンプシャーが含まれます。同様の措置として、アイオワ州は、トランスジェンダーに彼らの出生の性別に対応するバスルームと更衣室の使用を強制する法案を検討している。

法案が可決された場合、これらの法案はすべて、ジョー・バイデンの多くの大統領命令の1つに違反することになりる。

Four States Advance Laws Banning Transgender Athletes from Competing Based on Gender Identity
Four states are in the process of advancing laws to ban transgender student-athletes from competing in the categories they "identify" with.
スポンサーリンク

バイデンは就任初日にLGBT差別禁止の大統領令にサイン

米国のバイデン大統領(78)が就任初日の20日に「LGBTQ差別禁止」に関する大統領令にサインしたことが思わぬ波紋を呼んでいる。長年、差別を受け続けてきた全米中の性的マイノリティーの人たちから称賛の声が上がった一方で、スポーツ界からは「女性アスリートが抹殺される」という批判的な声も上がっている。

・女性アスリートの叫び

The End of Women's Sports
スポンサーリンク

テキサスはすでに、生物学的男性が女性のスポーツに参加することを許さない

ヴァロリー・スワンソン州議会議員(R-Spring)が最近テキサス州で提出した法案は、トランスジェンダーの女子学生が生物学的女性と競争しないようにすることで、女子スポーツと女子スポーツの公平性を維持しようとしている。

バイデン大統領は、宣誓からわずか数時間後に、出生証明書に記載されている性別ではなく、身元を特定した性別に基づいて学生がスポーツに参加できるようにする大統領命令に署名した。(rfangle.com)

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました