社会の話題と反応を発信していくネットメディア

パウエル弁護士、屈せず「詐欺は容認しない。反駁できない証拠を出す!民主党、共和党の汚職を暴露する」/テレグラムに投稿

政治
スポンサーリンク

22日最高裁はPA州での郵便投票の違憲の審議を3-6で却下した/トーマス、アリート、ゴーサッチ裁判官は審議すべきと主張

最高裁判所は、ペンシルベニア州に関する3つの共和党選挙関連の訴訟を却下した。月曜日の6対3の判決で、裁判所は、州で郵送投票を受け取る期限の3日間の延長に異議を唱える訴訟の審理を拒否しました。ジョン・ロバーツ、エイミー・コミー・バレット、ブレット・カバノーはリベラルな同僚を支持し、クラレンス・トーマス裁判官、サミュエル・アリート裁判官、ニール・ゴーサッチ裁判官は反対した。

裁判所はまた、州でのジョー・バイデンの勝利を覆そうとしている事件とトランプキャンペーンによる別の同様の事件の審理を拒否するように動いた。反対意見の中で、トーマス裁判官は、「不正投票の証拠がないことは、選挙の完全性に対する信頼を植え付けるのに十分ではない」と主張した。

スポンサーリンク

パウエル弁護士「反駁できない証拠を出す。両政党の汚職を暴く」

「反駁できない証拠が間もなく登場します–私たちは完了していません」–シドニー・パウエルは選挙詐欺を無視するという最高裁判所の決定に応えます

シドニー・パウエル弁護士は、月曜日の朝の裁判所の決定に応じてメモを投稿しました。

皆さん、ありがとうございました!まだ重要なライブケースがあります。反駁できない証拠がまもなくでる。事実についてみんなに教え続けてください。今日の最高裁判所の命令は期待外れでしたが、私たちは完了しておらず、この詐欺を容認しない。#WeThePeopleはこの国を運営することになっています。私たちの新しいSuperPACは明日アップするはずです。

それは、全国の#WeThePeopleの声をさせるためです。私たちは、両政党の汚職を暴露し、私たちの憲法上の権利と法の支配を保護する勇気を持って人々を支援するつもりです。

"Irrefutable Proof Is Coming Soon - We Are NOT Done" - Sidney Powell Responds to Supreme Court Decision to Ignore Election Fraud
The United States Supreme Court refused to review the Pennsylvania 2020 Election cases. The court made the announcement on Monday morning. Justices Alito, Gorsu...続きを読む

・パウエル弁護士のテレグラム

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました