社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アメリカの成人の過半数は「トランスジェンダーの学生が異性のスポーツに参加すること」に反対している

スポンサーリンク

過半数は反対している

反対は54%、共和党支持者の77%が反対

「トランスジェンダーの学生が、彼らが特定する性別のスポーツチームに参加することを許可することに賛成ですか、反対ですか?」

1000ナット大人-
・反対/賛成/わからない:
・民主党33%/ 52%/ 15%
・提携していない57%/ 24%/ 19%
・共和党77%/ 17%/ 6%
・すべての成人54%/ 32%/ 14%

スポンサーリンク

支持しているのは32%

アメリカの成人の32%のみが、トランスジェンダーの学生が自分が特定する性別のスポーツチームに参加できるようにすることを支持している。

スポンサーリンク

バイデン大統領の大統領令が波紋

バイデン大統領は、トランスジェンダーのアスリートが女の子と女性のスポーツで競争することを許可することを義務付ける大統領命令に署名することによって論争を引き起こた。これはほとんどのアメリカ人が反対する動きです。

新しいラスムセンレポートの全国電話およびオンライン調査によると、トランスジェンダーの学生が特定の性別のスポーツチームに参加することを許可することを好むのは、アメリカの成人の32%のみ。54%は、異性のスポーツチームへのトランスジェンダーの参加に反対している。(rasmussenreports)

54% Oppose Transgender Sports Trend
President Biden sparked controversy by signing an executive order mandating that transgender athletes be allowed to compete in girl’s and women’s sports, a move...続きを読む
スポンサーリンク

バイデンは就任初日にLGBT差別禁止の大統領令にサイン

米国のバイデン大統領(78)が就任初日の20日に「LGBTQ差別禁止」に関する大統領令にサインしたことが思わぬ波紋を呼んでいる。長年、差別を受け続けてきた全米中の性的マイノリティーの人たちから称賛の声が上がった一方で、スポーツ界からは「女性アスリートが抹殺される」という批判的な声も上がっている。

・「トランスジェンダーのアスリート」を女子競技に参加させるバイデンの大統領令を4つの州が拒否/さらに5州も検討中

トランスジェンダーのアスリートが性同一性に基づいて競争することを禁止する4つの州の法律

報告によると、4つの州が、トランスジェンダーの学生アスリートが「特定する」カテゴリーで競争することを禁止する法律を推進している。

ミシシッピ州上院議員は、「ミシシッピ公正法」を州議会議事堂に送って検討するために、上院法案2536を圧倒的に可決したとニューヨークポスト紙は報じた。

・女性アスリートの叫び

The End of Women's Sports
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました