社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「国境問題はトランプのせいだ」と言った国土安全保障省長官、トランプ政権が任命した諮問委員会のメンバーほぼ全員を追放

政治
スポンサーリンク

国土安全保障省トップが国土安全保障諮問委員会をパージ、トランプ時代の任命者全員を追放

3月27日 更新しました。

米国土安全保障省(DHS)のアレハンドロ・マヨルカス長官は、国土安全保障諮問委員会のメンバーをほぼ全員解雇し、上級幹部のみを残したことが、メディアが入手した書簡に記されており、下院委員会の共和党議員が確認した。

マヨルカ氏は、国土安全保障諮問委員会(HSAC)のメンバーに宛てた3月26日付の書簡の中で、「HSACの新しいモデルへの秩序ある移行のために」、金曜日をもってHSACの全メンバーの任期を終了すると発表した。

マヨルカス氏は、HSACの「新しいモデル」を検討するにあたり、「HSACが省庁に最大の価値をもたらし、省庁のミッションを推進するために、メンバーの専門知識、判断力、助言を最も効果的に活用する方法」を検討していると記している。

粛清を免れたのは、3人の人物です。粛清を免れたのは、議長として評議会を率いるウィリアム・ブラットン(元ニューヨーク警察長官)、副議長を務めるカレン・タンディ(元麻薬取締局長官)、そして名誉議長として留任するウィリアム・ウェブスター(元FBIおよびCIA長官)の3人

スポンサーリンク

共和党メンバーはマヨルカスが超党派の統一的アプローチを支持するつもりはないと批判

下院国土安全保障委員会の共和党メンバーは、マヨルカの決定について、”この行動は、この政権が、国土の安全を確保するための超党派的で統一的なアプローチを支持する意思がないことを示すメッセージである “と批判的した。

“諮問委員会は、現保健省長官が聞きたいことを聞くための反響室になることを意図していない」と書いている。

また、同委員会の共和党ランキングメンバーであるジョン・カトコ議員(ニューヨーク州選出)は、「国土安全保障体制の強化にキャリアを捧げてきた、尊敬されている国土安全保障分野のリーダーたちを、マヨルカース長官が解任したことは非常に残念である」との声明を発表した。

スポンサーリンク

マヨルカスの粛清はオースチンと似ている

就任後、ジョー・バイデン大統領は、ドナルド・トランプ前大統領の移民政策のほとんどを覆すことに素早く取り組み、不法に米国に滞在している数百万人の人々に市民権を得るための道を提案し、”人道的な亡命制度を作る “という改革を約束した。

共和党は、米国への不法入国を求める人々が最近急増していることについて、バイデン氏の政策やメッセージングを非難していますが、大統領はそれを季節的な急増と表現しようとしている

マヨルカの粛清は、2月1日に国防総省の諮問委員会の数百人のメンバーを更迭するよう求めたロイド・オースティン国防長官の動きに似ている。その決定では、国防総省の31の諮問委員会のメンバーは全員解雇され、合計40の諮問委員会は、いわゆる「ゼロベース・レビュー」と呼ばれる、委員会の存続の可否を検討するプロセスを経て、将来的に解散やメンバーの解雇につながる可能性がある。(theepochtimes)

DHS Head Purges Homeland Security Advisory Council, Ousting All Trump-Era Appointees
Department of Homeland Security (DHS) chief Alejandro Mayorkas has fired nearly all members of a homeland security advisory panel, retaining only its senior lea...続きを読む
スポンサーリンク

国境はトランプのせい

バイデンのDHSチーフは、国境は「安全」で「閉鎖」であり、交差点の急増はトランプのせいだと言っています

メキシコ国境の現状

スポンサーリンク

トランプ氏は、「マヨルカス国土安全保障長官は無知で哀れなパフォーマンスは国の恥」と批判

3月22日
マヨルカース長官の哀れで無知なパフォーマンスは、国の恥だ。自分が設計した大規模な危機の最中に自己満足的なプレゼンテーションを行ったことは、彼が国土安全保障省を率いることができないことを証明している
さらに、マヨルカ氏が行っている国境警備隊や移民局の職員に対する箝口令は、直ちに議会で調査されるべきである。しかし、彼らが事態の深刻さを隠すために、大きな隠蔽工作を行っていることは明らかだ。バイデン・ボーダー・クライシスを終わらせる唯一の方法は、彼らが自分たちの完全な失敗を認め、非常に効果的で実績のあるトランプの政策を採用することだ。
参考記事
タイトルとURLをコピーしました