社会の話題と反応を発信していくネットメディア

プロジェクト・ベリタス社長ジェームス・オキーフ氏、凍結されたSNSを提訴/凍結理由を全面否定

政治
スポンサーリンク

ジェームス・オキーフ氏の提訴内容

ジェームス・オキーフ氏、プラットフォームからのアクセス禁止後に「虚偽かつ中傷的」な発言をしたとして、ニューヨークの最高裁判所に提訴。真実を証明する意向

ジェームス・オキーフ氏は本日、メディアプラットフォームに反撃するという約束を実行し、彼に関する中傷的発言を理由に提訴した。

プロジェクト・ベリタスは、すでにニューヨーク・タイムズ紙を名誉毀損で訴え、棄却申立で勝訴しているが、同様の理由でCNNを訴える予定だ。

スポンサーリンク

追放理由を「オキーフ氏が偽のアカウントを使った」ためと主張

木曜日にツイッターを永久追放されたオキーフは、「偽のアカウント」を運営していると非難された。

法的訴状にはこう書かれている。

“本訴訟は、2021年4月15日に、原告ジェームス・オキーフ氏を追放するという同日の決定に関して、虚偽かつ中傷的な声明を発表したことに起因する名誉毀損訴訟である。” “原告ジェームス・オキーフ氏は、追放された時点で92万6千人以上のユーザーにフォローされている調査ジャーナリストである。

訴状は続く。オキーフ氏が “偽のアカウントを運営している “という理由で、同氏を追放したというもの。

今回の訴訟は、オキーフとプロジェクト・ヴェリタスが揃えた一連の訴訟の一つに過ぎない。

スポンサーリンク

オキーフ氏はこの主張に異議「偽のアカウントは使用してない」

MPFが偽のアカウントを運営しているとオキーフ氏を非難したことに対し、オキーフ氏は即座に異議を唱え、そのようなことはしていないと主張した。

プロジェクト・ベリタスは、法の支配が最終決定権を持つ法廷で救済を求め続ける。

プロジェクト・ベリタス

ジェームズ・オキーフは、2011年に非営利のジャーナリズム企業としてプロジェクト・ベリタスを設立し、潜入取材を続けています。現在、プロジェクト・ベリタスは、より倫理的で透明性の高い社会を実現するために、公的機関や民間企業における汚職、不正行為、自己売買、無駄、詐欺、その他の不正行為を調査し、暴露している。

オキーフは、仲間のジャーナリストたちを指導し、プロジェクト・ベリタスの文化を守り育てるために、CEO兼会長を務めている。

BREAKING: JAMES O’KEEFE SUES TWITTER in New York Supreme Court for ‘FALSE AND DEFAMATORY’ Statements Following Ban From Platform … Intends to Prove Twitter Acted With ‘RECKLESS DISREGARD’ For the Truth
Investigating and exposing corruption in both public and private institutions.
スポンサーリンク

4月15日、ジェームズ・オキーフ氏のアカウント凍結

4月16日

15日プロジェクト・ベリタスの報道を共有していたオキーフ氏のアカウントが、”フェイクアカウント “を使用した疑いがあるとして、永久的に停止された。

スポークスマンはFox Newsに対し、「プラットフォームの操作とスパムに関するポリシーにあるように、『偽のアカウントを操作して他人を惑わすことはできない』『複数のアカウントを使用して人為的に会話を増幅したり混乱させたりすることはできない』」と述べている。

オキーフ氏は、この主張を全面的に否定し、Fox Newsに対し、名誉毀損で同社を訴えることを約束していた。

参考記事
タイトルとURLをコピーしました