社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【DHCは正しかった4】NHK、供給源が新疆ウィグルに関連している太陽光パネルを公式Twitterで堂々と宣伝!/ネット:ジェノサイドに加担するつもりか!即刻停波せよ!

スポンサーリンク

ソーラーを堂々と宣伝するNHK

自宅の屋根に太陽光パネルを置くと、最低でも100万円前後の費用が。

でも、初期負担なしで設置できる「0円ソーラー」という仕組みが広がりつつあります。

DHC会長「NHKは日本の敵」同社公式サイトに掲載「企業の人権意識が問われる」の報道にDHC応援メッセージが殺到/「普通に敵だろ」「国民の声だろ」
DHCに応援メッセージ殺到 化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の公式オンラインショップのサイトに、吉田嘉明会長名で「NHKは日本の敵です。不要です。つぶしましょう」などと誹謗中傷する文章が掲載されていることが9日、分かった。  同...続きを読む
スポンサーリンク

ネットの声

それでも「公共放送」か?

NHKの電波を即刻停波せよ!

ソーラーはウィグルジェノサイドに関係すると知っていての蛮行か?

これを購入するということは、ウィグル大虐殺に加担すると同じこと。

そもそもNHKがCMを流して良いのか?

スポンサーリンク

太陽光パネルにも新疆問題、強制労働との関連が懸念されている

4 月 13 日

太陽光エネルギーの普及を目指す世界の企業に、これまで見逃されていた課題が立ちはだかっている。業界のサプライチェーン(供給網)が中国の新疆ウイグル自治区に大きく依存しているからだ。米国などは同地域について、イスラム系ウイグル族を含む少数民族に対するジェノサイド(大量虐殺)の舞台になっていると指摘している。

太陽光パネルの大半にはポリシリコンが欠かせないが、それは世界の供給量の約半分が中国北西部の同地域で生産されている。そこは、中国が100万人以上のウイグル人を収容していると人権団体や米当局がみている地域だ。(wsjから引用)

太陽光パネルにも新疆問題、強制労働との関連懸念
 太陽光発電の普及を目指す世界の企業に、これまで見逃されていた課題が立ちはだかっている。
スポンサーリンク

NHKはジェノサイドの中国を異常なまでの推し

・中国のダンノンというブランドは、単色が基本で売り出していてセンスがある

・南青山、銀座に出店した

・素材の5割は日本の繊維メーカー。30社と取引している

・厳しい状況の日本の素材メーカーに新しい風が吹く

中国南部の広州で2013年に創業したファッションブランド「DAN NONG(ダンノン・単農)」。シンプルなデザインが特徴で、柄はほとんど使わず、白や黒、グレーなど単色が基本です。
中国では、深センに集まるIT企業の若手エンジニアらを中心に支持され、現在は北京や上海など中国国内に100店舗以上を展開しています。

去年、多くのブランドショップが集まる東京・南青山に海外初の店舗を出店。そしてこの2月には銀座の一等地とも言える松屋銀座5階の紳士服フロアに進出しました。

中国のファッションブランドがなぜ銀座に? | NHKニュース
【NHK】中国発のファッションブランドの店舗が銀座のデパートにオープン。その背景は?
スポンサーリンク

“トリチウム含む水 海洋放出で風評被害”市民グループ訴えと報道し、風評被害を煽るNHK

2021年4月12日

東京電力 福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法について、政府が13日にも基準より低い濃度で海へ放出する案を決定する方針を固めたことを受け、市民グループが共同で会見を開き、風評被害が懸念されるなどとして代替案の検討の継続を訴えました。

福島第一原発のタンクで保管され、増え続けているトリチウムなどの放射性物質を含む水について、政府は、13日にも関係閣僚会議を開いて基準より低い濃度に薄めて海へ放出する案を決定する方針です。

スポンサーリンク

捏造報道のNHK/夫婦別姓ができないのは“社会的死”とまで書いたNHK

日本の制度

・どちらの姓も名乗るのことができる。男が変えても女が変えても良い

民放第750条夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」

現在の法律は、明治時代に制定された伝統に基づいています。しかし、この法律は時代遅れであり、その後に起こった社会の変化にそぐわないという意見が増えています。

“苗字が変わることで、人生の新たなステージを迎えることができると喜んでいる人もいます。しかし、不平等だと感じる人も少なくありません。社会的な死を意味すると感じています」と語るのは、二重姓を推奨する団体の代表を務める井田奈穂さん。

ナホさんは、2回の結婚のために苗字を変えるという複雑で煩わしい手続きを経て、長年の法律に立ち向かっています。2018年以降、彼女は議員に働きかけています。

タイトルとURLをコピーしました