社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【アリゾナ監査】「民主党が3人の工作員を忍ばせてきた!、逆にこの3人をウォッチする監査員を貼り付けてやる!」/アリゾナ州共和党リーダー、ケリ・ウォード氏

政治
スポンサーリンク

アリゾナ州の共和党リーダー、ケリ・ウォード氏が警鐘-民主党のホブス州務長官「民主党の工作員を忍ばせていた

03 May, 2021

アリゾナ州GOPリーダー、ケリ・ウォードが警鐘を鳴らす-民主党のホブス国務長官はマリコパ郡の監査に偏った組織から民主党の工作員を忍ばせている

アリゾナ州のGOPリーダーであるケリ・ウォードは、マリコパ郡の監査で何が起こっているのか、人々に警告を発している。

アリゾナ州の州務長官のスーホブス、再集計を見るために3人のオブザーバーを派遣する権利を獲得した。しかし、彼女は事務所から3人を派遣する代わりに、3人の左翼活動家を派遣した。

この3人は、超党派を標榜しながらも、限りなく左に寄った腐敗したとされるNFP(Not For Profits)の人々だ。

Brennan Center、Protect Democracy、The Leadership Conferenceの3団体は、司法省の公民権部門に関与するよう求める書簡に署名した。

スポンサーリンク

このグループの1つは、ジョージ・ソロスと関係がある

現在行われているアリゾナ州の法廷監査を止めるように司法省に懇願している3つの団体のうち、少なくとも「プロテクト・デモクラシー・プロジェクト」がソロスと関係していることは分かっているが、民主党の非営利団体(NFP)の母体とも関係していることが分かった。

ウォードは、裁判所が押し付けた当事者間の合意によって”アリゾナ州の州務長官(SoS)である民主党のハック・ケイティ・ホブスは、3人の代表者の監査フロアにアクセスすることができた。

しかし、監査を監視している「オブザーバー」たちは、アリゾナ州務長官のオフィスからでさえないことがわかった。一人は「Protect Democracy」の「選挙コンサルタント」で、もう一人は「The Brennan Center」の「弁護士」だ。 偶然ではない、連邦政府に監査の「監視」を促したのと同じワシントンのグループだ。”

スポンサーリンク

ウォード氏「逆に3人の工作員を見張る監査員を送り込む」

彼らがそこで何をしているのかを言うのは難しいが、あえて推測するならば、彼らは監査の信用を落とす何らかの方法を見つけるためにそこにいるのだ。そして、たとえ嘘をついてでも、それを実行するだろう。

私はウォッチャーを監視する人を任命し、彼らの一挙手一投足を記録する。その中には、彼らが監査に異議を唱えていることも含まれている。そうすれば、監査が終わった後に新たな異議を唱えることができなくなる。

スポンサーリンク

ケリーウォード氏は、「監査は全米の注目を集めている」と発言している(4/25)

4月25日

民主党はハッタリをかましたが、100万ドルの保釈金を払って監査を止めることができなかった。月曜11時にマリコパ郡高等裁判所の判事が監査の規則と手続きを確認するための法廷審問を行います。我々のモットーは、We Will Not Be Intimidated(脅迫されない)だ。

アリゾナ州マリコパ郡の法廷監査がニュースになり、全米の注目を集めている。アリゾナ共和党会長のケリー・ウォード博士が、法廷監査の最新情報と、監査を止めようとする民主党の動きについて説明します

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました