社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】ミシガン州で、梅田票に入れ替えられたと訴訟が進行中だ。票は巨大で決定的だ。他の多くの州で証明される。選択の余地はない!/MI州アントリウム郡での法廷監査の件を受け

政治
スポンサーリンク

第45代トランプ大統領声明

ミシガン州の不○選挙事件で、トランプ大統領から梅田への票の入れ替えが意図的に行われていたとする訴えが行われた。

その票数は非常に多く、決定的なものだ。これは他の多くの州でも証明されるだろう

すべての共和党員は団結して、このようなことが起こらないようにしなければならない。

泥棒が宝石店のダイヤモンドをすべて奪った場合、ダイヤモンドは返却されなければならない。

フェイクニュースメディアは、我が国の歴史上最大の不○選挙を報道することを拒否している。

彼らはすべての信頼性を失っているが、最終的には選択の余地はない。

スポンサーリンク

HUGE NEWS マシュー・デペルノ弁護士、ミシガン州選挙の(*)フォレンジックレポートを発表 – わずか9郡で66,194件の未登録投票が集計されていた

2021年4月9日

ミシガン州の憲法弁護士マシュー・デペルノは、金曜日に待望の「ミシガン州選挙フォレンジックレポート」を発表した。

調査結果の一部を紹介する。

・投票システムのマザーボードに取り付けられたモデムチップセット。
・わずか9つの郡で66,194件の未登録投票が集計されていた。
・10月の登録データベースで見つからなかった投票者IDが66,194件。

 弁護士のマシュー・デペルノ氏がミシガン州選挙のフォレンジックレポートを発表 – わずか9郡で66,194件の未登録投票が集計される

スポンサーリンク

ミシガン州の2020年の選挙のための法廷監査請求が裁判所で審理される

2021年5月10日

月曜日の朝に決定されることになっていたミシガン州の訴訟は、法廷で別の日を迎えることになりました。裁判官は来週、この訴訟を却下するかどうかを検討します。この裁判には、フォレンジック監査と独立監査の要求が含まれています。

“この訴訟は、郡内で使用されているマシンのフォレンジック調査、記録保存のための保護命令、そして独立監査を求めた。” Epoch Times紙は月曜日に指摘した。“この訴訟は、アントリム郡の職員が、民主党の梅田が共和党のドナルド・トランプよりも多くの票を獲得したとフェイ○の報告をした後に提起された。”

スポンサーリンク

ドミ○オンシステムのソフトウェアに欠陥/判事は第三者に検査を許可

“審査は昨年行われた。” と報告書は続けた。検査を行ったチームは、ドミ○オンシステムのソフトウェアに欠陥があると主張した。ドミ○オンと州・郡の関係者は、主に審査員の信頼性を攻撃することで、審査員の報告書に異議を唱えた。”

ケビン・エルゼンハイマー判事に訴訟の棄却を求める共同動議を提出したのは、参加者であるジョセリン・ベンソン国務長官の代理人であるエリック・グリル・ミシガン州司法長官補佐官と、被告であるアントリム郡の代理人であるハイダー・カジム弁護士である。

この共同の申し立ては、訴訟が立証能力を欠くために却下されることを求めています。判事はすでに、原告のベイリー氏と弁護士のマシュー・デペルノ氏に、同郡のドミニオン社製投票システム機器の(*)フォレンジック検査を第三者に行わせることを許可している。その監査は、ダラスに本拠を置くアライド・セキュリティ・オペレーションズ・グループ社が先に行っており、投票機の機器にはエラーが多いと結論づけている。

スポンサーリンク

ドミ○オンシステムは、組織的な不正を行い、選挙結果に影響を与えるために、意図的かつ意図的にエラーを内在させて設計されている」と監査報告書

ドミ○オンシステムは、組織的な不正を行い、選挙結果に影響を与えるために、意図的かつ意図的にエラーを内在させて設計されている」と監査報告書は述べている。”このシステムは、非常に多くの投票エラーを意図的に発生させます。

電子投票は、その後、裁定のために転送されます。意図的なエラーにより、監視も透明性も監査証跡もない状態で、大量の投票用紙を裁くことになります。

これが有権者や選挙の不正につながるのです。今回の調査結果に基づき、「ドミ○オンシステム」をミシガン州で使用すべきではないと結論付けました。さらに、アントリム郡の結果は認証されるべきではなかったと結論づけている…”

アントリム郡では、ドナルド・トランプ氏からジョー・バイデン氏へと票が移動するエラーが検出されていました。このエラーは、2020年の選挙結果が認証される前に検出され、修正されました。

スポンサーリンク

2000票が梅田票へ

“ベイリーは、郡書記官シェリル・ガイのミスにより、当時のドナルド・トランプ大統領に投じられた約2,000票が、最初は誤って当時のチャレンジャーである梅田に集計されたことで、郡が彼の憲法上の権利を侵害したと主張し続けている」とトラバース・イーグル紙は報じている。

“共和党員のガイ氏は、州が11月の選挙結果を認定する前に事務所の票集計ミスを修正し、記録によるとトランプ氏が9,748票、バイデン氏が5,960票と大差をつけてアントリム郡を制しました」と報告しています。

マシュー・デペルノ氏は、他の郡の選挙データも要求しましたが、判事は “漁夫の利 “としてこれを却下しました。デペルノ氏は5月4日にも、アントリム郡書記のシェリル・ガイ氏、州選挙局局長のジョナサン・ブレイター氏、ドミニオン社の下請け会社であるエレクション・ソース社を被告として訴訟に加えることを求める動議を提出した、と報告書は続けている。

スポンサーリンク

アントリム郡のフォレンジック監査が現在提案されており、6月の会議で審議される予定

“トラバース・イーグル紙は、「7時間以上に及ぶ会議で、委員たちは、郡の2020年の選挙結果について、独自の監査、法廷会計、手による再集計を行う権限があるかどうかについても議論した」と記している。”州法によれば、ミシガン州の選挙を実施・監査できるのは州務長官のみである。”

“ドーン・ラヴァンウェイ委員による、郡の2020年の選挙結果の有権者ファイルレビューとフォレンジック監査を行うために第三者を雇うという動議は、6月の会議まで延期された。” と付け加えている。

ミシガン州での法的な動き、特にフォレンジック監査が認められるかどうかは、2020年の選挙の不正に対して完全な説明責任が果たせるかどうかに、さらなる光を当てることになるでしょう。(beckernewsより引用)

Big Update: Forensic Audit Request for Michigan's 2020 Election Will Get Hearing in Court - Becker News
Advertisements A Michigan lawsuit that was set to be decided on Monday morning will receive another day in court. A judge will consider next week whether or not...続きを読む
(*)フォレンジック分析

「フォレンジック」とは「法廷の」という意味で、法的証拠を見つけるための鑑識調査や情報解析に伴う技術や手順のことを指し示す。オリジナルのデジタルデータが改ざんされていないかの調査や、削除または破損したデジタルデータの「復元」も可能。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました