社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】ハンターのブリスマ疑惑を揶揄/このオイル危機に、バイデンは「ウクライナのブリスマ経験者の」ハンターをエネルギー担当にしないのか?/

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】ジョー・バイデンは、ブリスマで経験のあるハンターをエネルギー担当にまだせんのか?

もしトランプ大統領の下でこのような長くてひどいガス管の列(ガソリン給油を待つ車列)があったら、フェイクニュースは国家的な大暴挙とするのだろうな。

ジョー・バイデンは、(*)ブリスマでの経験があるハンターをエネルギー担当にしたのか?

エネルギー長官のジェニファー・グランホルムでさえ迷っているのだから。

(*後述)ブリスマは、全く経験のないハンターがウクライナのエネルギー会社、ブリスマから多額の小切手を受け取っていたことを揶揄

Save America
Over the past four years, Donald J. Trump's administration delivered for Americans of all backgrounds like never before. Save America is about building on those...続きを読む
スポンサーリンク

ランプはジョー・バイデンを狙い撃ちにした

“ジョー・バイデンがハンターをエネルギー担当にしたのは、ブリスマでの経験があるからだろうか?

トランプの狙いは ジョー・バイデン 東海岸を襲っている燃料不足の中、トランプはジョー・バイデンを狙い撃ちにした。

スポンサーリンク

トランプ氏、パイプライン攻撃に対するバイデン氏の対応を非難、ハンター氏は「ブリズマ経験者」でエネルギーを担当しているのかと問う

ドナルド・トランプ元大統領は、コロニアル・パイプライン襲撃事件の後、ジョー・バイデン大統領に狙いを定め、息子のハンター・バイデンを国のエネルギー担当にしたのかと問いかけた。

“もし、トランプ大統領の下でこのような長くて恐ろしいガス管があったなら、フェイクニュースはそれを国家的な怒りとするだろう!” トランプは水曜日に声明を出した。

“ジョー・バイデンは、ブリスベンでの経験を持つハンターを我々のエネルギー担当にしたのか?エネルギー長官のジェニファー・グランホルムでさえ迷っているのに!”

トランプ氏の発言は、米国最大の石油パイプラインであるコロニアル・パイプラインへのサイバー攻撃の影響で、東海岸の多くの地域が混乱している中で行われた。

スポンサーリンク

パイプラインの停止により、複数の州で石油危機

パイプラインが停止したこの攻撃により、いくつかの州では、道路による石油輸送の制限を一時的に解除する緊急事態を宣言しました。

エネルギー長官のジェニファー・グランホルムは火曜日、ガソリンの “買いだめ “をしないよう警告し、”供給不足 “を引き起こすと述べた。

“パンデミックの初期にトイレットペーパーを買いだめする理由がなかったように、ガソリンを買いだめする理由があってはならない。特に、今週末から週末にかけてパイプラインが実質的に稼働するという事実に照らして」と、グランホルム氏はホワイトハウスでのプレスブリーフィングで述べた。

水曜日には全国平均のガソリン価格が2014年以来初めて3ドルを超え、専門家はパイプライン再開の遅れが夏の旅行シーズンに影響を及ぼす可能性があると警告してている。(washingtonexamineより引用)

Sucuri WebSite Firewall - Access Denied
スポンサーリンク

ハンター・バイデンと(当時の)副大統領バイデンがブリスマボードのパートナーとビジネス取引の会議をしていた

2021年4月8日

ハンター・バイデンが当時の副大統領バイデンと、ブリスマボードのパートナーであるデボン・アーチャーと一緒に会議をしていたことがEメールで明らかになった。

ハンター・バイデンの「地獄のハードディスク」に保存されていた未公開の電子メールには、ジョー・バイデンが息子のウクライナでの天然ガス複合企業ブリズマ・ホールディングスとの有利なビジネス取引に関与していたという、これまでにない証拠が示されていることが、The National Pulseによって独占的に明らかにされた。

この会議のわずか数日後、ジョー・バイデン副大統領(当時)がウクライナを訪問し、ハンターとアーチャーの2人は、経験のないエネルギー会社ブリズマから多額の小切手を受け取るようになる

 

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました