社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ウィスコンシン州は、2020年の選挙の監査を正式に決定した!/監査は「超党派」で実施/アリゾナでは不一致率が17.5%(1/6)

政治
スポンサーリンク

ウィスコンシン州は、2020年の選挙の監査を正式に命じる(アリゾナに続く)次の州になった。

スポンサーリンク

ウィスコンシン州は2020年の選挙を監査する次の州となり、有権者はジョー・バイデンのホワイトハウスの正当性にまだ疑問を抱いている。

2021年5月15日
【速報】ウィスコンシン州、2020年選挙の監査を正式に開始

ウィスコンシン州は2020年選挙の結果を正式に監査することになり、Newsmaxのレポーター、エメラルド・ロビンソンによると、本日正式に発表された。ロビンソンはTwitterで、”ウィスコンシン州は2020年の選挙の監査を認可した!”と発表した。

スポンサーリンク

監査は共和党が命じたが、監査自体は超党派の機関で行われる

Newsmaxによると、正式な監査は、約3ヶ月前に州議会の共和党によって命じられました。合同立法監査委員会は、党派を超えて監査命令を議決しました。監査は、超党派の機関によって運営される。

共和党は、非常に議論の多い2020年の選挙や、選挙制度全般の透明性を高めるために、この措置が必要だと主張しています。バイデン氏はウィスコンシン州で約2万票差しか獲得していないため、不正投票が彼の勝利に影響していないことを確認する必要がある。

民主党は、監査によって選挙制度への信頼が損なわれると警告し、全会一致で反対した。これは、2020年の選挙における不正行為が十分に記録され、郵便投票や有権者ID法の欠如に対する懸念が広がり、アメリカ人の3分の1以上が選挙が盗まれたと信じているシステムに対して、透明性のある監査がある程度の信頼を回復する可能性が高いにもかかわらずだ。

スポンサーリンク

共同議長「懸念が払拭されることを期待しています」

“監査委員会の共同議長であるロバート・カウルズ上院議員(ウィスコンシン州選出)は、「今回の監査により、人々が選挙についてよりよく理解できるようになり、懸念が払拭されることを期待しています。また、管理に問題がある場合は、それを修正することを確信しています」と宣言した。

全面的なフォレンジック監査は、ウィスコンシン州が2020年の選挙後の数週間に2つの郡で再集計を行った後に行われます。州全体のフォレンジック監査とは異なり、再集計では、不正な投票と判明しても投票用紙を捨てなかったため、このような取り組みは効果的ではなかった。

スポンサーリンク

アリゾナ州では投票用紙の不一致が17.5%と高く、6枚に1枚の割合で発生している

今回の監査は、アリゾナ州での同様の取り組みが不正を発見し、全米の注目を集めている中で行われました。ナショナルファイルが報じているように、リゾナ州では、投票用紙の不一致が17.5%と高く、6枚に1枚の割合で発生している。

投票用紙のバッチに17.5%のずれ

特に、マット・ゲッツ下院議員(フロリダ州選出)とマージョリー・テイラー・グリーン下院議員(ジョージア州選出)がアリゾナ州を訪れ、監査を支持する集会を開いたことで、他州での監査の可能性が高まっているウィスコンシン州の監査は、2021年の秋に終了する予定です。(nationalfile)

BREAKING: Wisconsin Officially Launches Audit of 2020 Election - National File
Wisconsin becomes the next state to audit the 2020 election as voters still question the legitimacy of Joe Biden's White House
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました