社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】上下院の共和党はもっと賢くなれ。決して1月6日委員会の民主党の罠を認めてはならない/民主党が「1月6日の国会議事堂での暴動調査の委員会を設置する」法案に対して

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】

下院と上院の共和党は、1月6日委員会の民主党の罠を認めてはならない。

党派的な不公平感が増すだけであり、ポートランド、ミネアポリス、シアトル、シカゴ、ニューヨークでの殺人、暴動、火事による爆破事件も調査されるのでなければ、この議論は直ちに終了すべきである。

共和党員は、もっと厳しく、もっと賢くなって、急進左派に利用されるのを止めなければならない。

ミッチ・マコーネル(共和党上院院内総務)とケビン・マッカーシー(共和党下院院内総務)が耳を傾けてくれることを願っている。

Save America
Over the past four years, Donald J. Trump's administration delivered for Americans of all backgrounds like never before. Save America is about building on those...続きを読む
スポンサーリンク

下院共和党のケビン・マッカーシー党首は、1月6日の委員会で、超党派の協定に反対することを表明した

スポンサーリンク

そのマッカーシー氏は、1月6日の委員会に関する超党派の合意に反対を表明した

5月18日

下院少数党院内総務のケビン・マッカーシー(カリフォルニア州選出)は、先週発表された、1月6日に起きた国会議事堂での暴動を調査するための9.11風の委員会を設置するという超党派の合意に反対すると、彼の事務所が火曜日に発表した。

マッカーシー氏は、火曜日の声明の中で、この意見を反映し、議会や連邦政府が実施している1月6日に関連する他の調査のため、委員会は「重複し、逆効果になる可能性がある」と主張しました。

マッカーシー氏は声明の中で、ナンシー・ペロシ氏が交渉を遅らせていると非難し、「議長が政治的な駆け引きで時間を浪費している間に、議会や政府機関の数多くの努力がその遅れを取り戻している」と述べました。

マッカーシー氏は、上院国土安全保障委員会、上院規則委員会による超党派の調査や、国会議事堂建築家事務所によるセキュリティの見直し、さらには司法省による徹底的な犯罪捜査などを指摘しました。

スポンサーリンク

他の政治的暴力行為は無視して1/6の件だけを取り上げるのは近視眼的だ

マッカーシーは、”民主党が今、追加の委員会を立ち上げようと改めて焦点を当てていることは、アメリカの都市を襲った政治的暴力、共和党の議会の野球練習、そして最近では、2021年4月2日に起きた議事堂警察への致命的な攻撃を無視している “と付け加えました。

“このプロセスを台無しにした政治的な方向性、この取り組みが重複して逆効果になる可能性があること、そしてアメリカにおける政治的暴力の相互に関連する形態を検討しない議長の近視眼的な範囲を考えると、私はこの法案を支持することはできません。” と締めくくりました。

スポンサーリンク

上院での可決には60票が必要なため法案は通らない可能性が高い(共和党から10人の寝返りが必要)

反対側の意見 月曜日にマッカーシー氏の反対に対する回答を求められたペロシ氏は、”超党派の法案が議場に提出されることを非常に喜ばしく思います。”共和党側の一部の臆病な態度には失望しましたが、驚くことではありません。

全体像を見ると 委員会設立のための法案は、下院を通過する可能性は高いものの、上院での可決に必要な60票を獲得するには大きなハードルがあります。

バイデン大統領はこの法案を支持しており、水曜日に下院で採決が行われる可能性があります。(axios)

House GOP Leader Kevin McCarthy comes out against bipartisan deal on Jan. 6 commission
The deal was negotiated by the top Republican on the House Homeland Security Committee.
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました