社会の話題と反応を発信していくネットメディア

世論調査:トランプへの愛が高まっている/世論調査の結果から見るトランプ氏の躍進:共和党支持者では8割がトランプ支持

政治
スポンサーリンク

世論調査:トランプへの愛が高まっている

19 May 2021

世論調査の結果から見るトランプ氏の躍進

新しい世論調査のデータでは、トランプ氏が大きく上昇しています

バイデン大統領の好感度は53%対46%と拮抗しています。無党派層では47%-51%、白人層では44%-56%、55歳以上の有権者では47%-53%、男性層では47%-52%となっており、バイデン氏は純然たる不評を買っています。

しかし、前任者よりもはるかに好意的にメディアに取り上げられている老人を嫌う人はいないでしょう。

しかし、カマラ・ハリス副大統領は、メキシコカルテルや麻薬密輸業者、人身売買業者から国境の支配権を取り戻すことはおろか、国境を訪れることもなく、国境を担当していることで、世論の代償を払っているように見える。

今日の時点で、カマラ・ハリスに好意的な有権者は全体の半分以下の47%、一方で好ましくないとする有権者は48%です。

スポンサーリンク

全有権者のうち、3分の2の64%が、バイデンの任期を終える前にカマラ・ハリスが大統領になる可能性が高い

バイデンの有権者でも51%、民主党員でも50%がハリスが大統領になる可能性が高いと答えています。

ジョー・バイデンが任期を全うしないことは、アメリカの有権者の大半が知っていることです。

したがって、彼らの2024年の予備選挙で、カマラ・ハリスが35%の得票率で、ミシェル・オバマ16%、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス7%、ピート・ブッティジェグ6%に対して、民主党のトップに立っていることは驚くことではありません。

これまで見てきたように、トランプ大統領の弾劾、執拗なメディア攻撃、検閲、迫害は、共和党の予備選投票者の間で裏目に出ています。

スポンサーリンク

トランプ大統領はほぼ満場一致で支持されている

共和党予備選で投票する無党派層を含めた共和党予備選投票者全体の4分の3、73%が、ドナルド・トランプ氏が2024年に再出馬することを望んでいます。

ドナルド・トランプが再び出馬した場合、共和党の予備選投票者は82%-13%で彼を支持し、総選挙では83%-11%で彼に投票するだろう。

2024年の共和党候補者16人の中で、トランプ大統領は57%の得票率で彼らを圧倒し、2位のマイク・ペンスは10%、3位のロン・デサンティスは8%、最下位のリズ・チェイニーは1%という結果でした。ワイオミング州選出の女性議員の発表には、いくつかの反響がありました。さて、ここでリベラル派の爆発が起こります。

スポンサーリンク



共和党のドナルド・トランプ氏と民主党のカマラ・ハリス氏に大統領選の単純投票をお願いしたところ、トランプ氏がハリス氏を49%対45%でリードしています。

2024年はしばらく先ですが、2022年はもうすぐそこまで来ています。またしても中間選挙は民主党に不利な傾向にあるため、民主党は選挙法を変えようと必死になっているようです。すべての州法を覆し、有権者証明書を廃止し、署名認証を廃止し、選挙運動に税金を投入し、FECを共和党に不利になるように操作しています。

民主党のナンシー・ペロシ下院議長は、好感度が37%、不評度が57%と非常に不人気です。

民主党の上院院内総務であるチャック・シューマー氏は、好感度32%、不人気度48%にとどまっています。

一般投票では、共和党が47%対46%でリードしています。

大統領選ではドナルド・トランプ氏がカマラ・ハリス氏をリードしています。(newsmax)

https://www.newsmax.com/mclaughlin/exclusive-2024-polling-voters/2021/05/19/id/1021951/
スポンサーリンク

参考記事

【トランプ氏は正しかった3】<疑惑が公になる時6>/ファウチが前言を翻し、とうとうコロナの発生起源について「自然発生したと確信が持てない」と言い始める
COVIDの起源について、ファウチは「確信が持てない」と翻意 2021年5月22日 【COVID-19が中国の研究室から逃げ出したというトランプ政権の主張】を否定したアンソニー・ファウチ博士は、今ではこのウイルスが自然に発生したもの...続きを読む
NEW【ニューハンプシャー州監査】新たな発見:「投票用紙の折れ目」が機械の読み取りに影響した可能性 - 州全体および他の3州の結果に影響を与える可能性あり
速報:ニューハンプシャー州で新たな「投票用紙の折れ目」が発見される - 州全体および他の3つの州で結果に影響を与える可能性あり 5月22日 本日、ニューハンプシャー州ウィンダム市の監査官が、「投票用紙の折れ目」が2020年の選挙の票...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました