社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ファウチはもはや有罪に見え始めている/コロコロと態度を変えるファウチ/3週間に3度も発言を変えた

コロナ
スポンサーリンク

ジェイソン・ミラー氏「ファウチは「機能獲得」について有罪、有罪、有罪に見え始めている」

スポンサーリンク

ファウチは「機能の獲得」について有罪、有罪、有罪と考え始めている

2021年6月10日

COVID-19の「ラボリーク」説が信憑性を増す中、アンソニー・ファウチ博士は、この怪物を生み出した中国の研究者を支援する役割があったのかどうか、答えなければならない。これまでのところ、彼の答えは彼を助けるものではなかった。

COVID-19は自然界で起こったものではなく、武漢の研究室で行われたいわゆる「機能獲得」研究の結果であると思われる。

もしそれが事実であれば、中国の人々は、大規模な経済的・人的損失をもたらすパンデミックの直接的な責任を負うことになる。

スポンサーリンク

コロコロと変わるファウチの話

つい最近まで、報道機関やファウチ氏を含む「専門家」たちは、実験室からの漏洩説を、トランプ氏が仕組んだ陰謀であると見なしていた。しかし、今ではファウチの関与が問題になっている。その後、私たちは何を学んだのか?彼の容疑を晴らすものは何もない、それは確かだ。

この3週間の間にファウチ氏は、機能性食品の研究に納税者のお金を流すことを手助けしたかどうかという問題に関して、3回も態度を変えている。

・5月11日、ランド・ポール上院議員がファウチにこの質問をしたとき、彼はきっぱりと否定した。

“NIHは武漢研究所での機能向上研究に資金を提供したことはないし、現在もしていない」とファウチは述べた。
その2週間後には、ジョン・ケネディ上院議員に対して、中国がNIHからの助成金をそのような研究に使っているかどうかを知る由もないと述べている。
そして先週、ファウチ氏は、5年間で総額60万ドルに上るという助成金を、取るに足らないものだと切り捨てたのである。
スポンサーリンク

ファウチは数日のうちに、「ない、ない」から「それがどうした」になってしまった

“武漢の研究所は非常に大きな研究所で、数十億ドルとは言わないまでも、数億ドルの規模があります。私たちが話している助成金は…年間平均12万5,000ドルから14万ドル程度のものでした」。

言い換えれば、ファウチは数日のうちに、「ない、ない」から「それがどうした」になってしまったのである。

いずれにしても、武漢のトップ科学者の1人が2015年に発表した機能獲得研究に関する論文に、”米国立衛生研究所のアレルギー・感染症研究所と国立老化研究所からの助成金 “がクレジットされていることを考えると、彼の否定は崩れそうだ。

スポンサーリンク

ファウチは「機能獲得型研究」を称賛していた

ファウチがそう遠くない過去に「機能獲得型研究」を称賛していた事実がある。

2012年に発表された論文では、この研究から得られる「利益」は、偶発的にパンデミックが発生する「リスク」を上回ると述べ、研究を擁護している。

“パンデミックは自然界で起こる可能性が高く、そのような脅威に先手を打つ必要性が、リスクがあるように見える実験を行う主な理由である」と、機能獲得型研究のモラトリアムに焦点を当てた彼のコメントは述べている。

“考えにくいことですが、もしその科学者がウイルスに感染し、それが原因で大流行し、最終的にはパンデミックを引き起こしたとしたらどうでしょうか?この分野で活躍する科学者たちは、確かに私が言ったように、このような実験の利点と得られる知識はリスクを上回ると言うかもしれません」。

ファウチ氏のコメントは、左派の「科学に従え」という賛歌がなぜ危険なほど誤った方向に向かうのかを示す完璧な例だ
Fauci Is Starting To Look Guilty, Guilty, Guilty On ‘Gain Of Function’
So far, his answers about the COVID-19 origins aren’t helping his case.
スポンサーリンク

参考記事

<疑惑が公になる時29>ファウチが率いる国立アレルギー・感染症研究所がウイルス研究のために、武漢ウイルス研究所に82万ドルを提供していた/ジュディシャル・ウォッチが明らかにした
ファウチが率いる組織がウイルス研究のために、武漢ウイルス研究所に82万ドルを提供していた ジュディシャル・ウォッチは、HHSから280ページの文書を入手したことを発表し、2014年から2019年にかけて、ファウチ博士が率いるNIAIDによ...続きを読む
【第45代トランプ大統領声明】<疑惑が公になる時27>「中国は死と破壊の代償として全世界に10兆ドルを支払え!」「もはや誰もウイルスの武漢起源ついて、トランプ大統領が正しかったと言っている」
【第45代トランプ大統領声明】 今や誰もが、いわゆる「敵」でさえも、中国のウイルスが武漢の研究所から来ていることについて、トランプ大統領が正しかったと言い始めている。 ファウチ博士と中国との間の書簡は、誰にとっても無視できな...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました