社会の話題と反応を発信していくネットメディア

記念撮影にも呼ばれず、G7で相手にされなかった韓国/正式会議にも参加できず、写真撮影もなし、共同声明にも署名できず、「中国に協力して立ち向かう」という踏み絵だけふまされた

スポンサーリンク

記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領の悲しき自己陶酔ブログ

EU(欧州連合)離脱後、イギリスにとって最初の外交ビッグイベントだったG7首脳会議は、欧米主導の反中国ブロック構築の場となった。案の定、中国は「小さなグループが世界の事案を決める時代は遠い昔に終わった。エセ多国主義以外のなにものでもない」(在英中国大使館)と激しく反発した。

 ホストのボリス・ジョンソン英首相は、今回のサミットに旧英連邦のインド、オーストラリア、南アフリカ、さらに韓国をゲストとして招いた。豪印は日米主導のインド太平洋クアッドの参加国、韓国はアメリカがクアッドに参加させたい第一候補だ。

スポンサーリンク

招待状に文氏は小躍りした

招待状を受け取った文在寅氏は小躍りした。韓国の大統領がG7サミットに招かれるのは今回が初めて。文氏は意気揚々と英南西部のコーンウォールに乗り込んだ。風光明媚な避暑地で、アガサ・クリスティの推理小説の舞台にもなった場所だ。

ところが、その期待は見事に裏切られた。文氏はG7サミットのメンバーズ・オンリーの正式会議にも、エリザベス英女王との面会にも参加は許されなかったのである。出られたのはG7首脳とゲスト4か国首脳が自由と人権について意見交換するセッションだけ。サミット恒例の首脳が一堂に会す記念撮影にも招かれなかった。

韓国は“呼ばれはしたけど蚊帳の外”という屈辱的な扱いを受けることになった。

スポンサーリンク

G7閉幕後、文氏はブログでこう述べた(一部抜粋)

我々は国の品格と国力に見合った約束をした。先進国と開発途上国の懸け橋を担うことを強調できた。1907年にハーグで開かれた万国平和会議では、日本の朝鮮侵略・略奪を訴えようとした密使・李儁(イ・ジュン)は会議場にすら入れなかった。その韓国が今や、民主主義、防疫、環境問題で堂々と意見を述べ、行動する国家になったのだ」

なんとか成果を強調したい気持ちがにじみ出ているが、残念ながら文氏が署名したのはG7共同コミュニケではない。付属文書の「オープン・ソサエティズ・ステートメント」(開かれた社会を有する諸国による声明)だ。

この文書の意味は、法治主義や民主主義、言論の自由、人権を無視する中国に団結して立ち向かうことを国際公約した「証文」である。

 お土産もなく帰国した文氏は、中国からの報復も覚悟しなければならない。(NEWSポストセブン)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

参考記事

韓国経済団体、日本政府に対して「隔離措置なし」の特例入国を要求/「東京五輪ボイコットまだ?」「鬱陶しいから向こう行ってくれないかな」
【東京五輪】くるりんぱ! 韓国経団連が日本に特例入国を要望「経済協力拡大しよう」 6/16(水) 韓国経済団体が日本政府に対して「隔離措置なし」の特例入国を要求した。 韓国紙「コリアヘラルド」によると、このほど、日本の経団連に...続きを読む
【韓国、妄想炸裂!】青瓦台主席補佐官「韓国が事実上、G8に位置付けられたとの国際的な評価が出ている」/踏み絵だって誰か教えてやれよww
韓国 事実上「G8」の位置付けに=大統領府高官 2021.06.14 韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は14日のテレビ番組に出演し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主要7カ国(G7)首脳会議に出席し...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました